仮想通貨OriginTrail(TRAC)の将来性は?特徴や今後の動向を解説

仮想通貨OriginTrail(TRAC)のアイキャッチ画像

近年、物流やサプライチェーン関連の仮想通貨銘柄がじわじわと人気を高めています。中でも代表的な銘柄がOriginTrail(TRAC)で、「画期的な分散型ネットワークを使用して、最も重要な資産を整理し、発見・検証できるようにします。」というモットーを掲げて活躍の場を広げています。

今回は、そんな仮想通貨OriginTrail(TRAC)の将来性を踏まえつつ、特徴や価格推移のポイント、今後の動向について解説していきます。

OriginTrail(TRAC)に興味がある方は、ぜひ参考にご覧ください。

今回は、仮想通貨Holo(HOT)について、将来性を踏まえながら特徴や価格の推移、今後の動向、注目しておくべきポイントを解説していきます。 ...
投資には、株やFXなど様々な種類がありますが、仮想通貨投資も注目を集めています。 実際に、仮想通貨投資によって大金を手にした「億り人」の存...

OriginTrail(TRAC)とは

仮想通貨OriginTrail(TRAC)概要のイメージ画像

仮想通貨プロジェクトOriginTrail(オリジントレイル)
ティッカーシンボルTRAC(トレース)
運営元OriginTrail
公式サイトhttps://origintrail.io/
公式Twitterhttps://twitter.com/origin_trail
公式Telegramhttps://t.me/origintrail

OriginTrail(TRAC)とは、商品の生産から販売の一連の流れを一括管理するプラットフォームを目指したブロックチェーンプロジェクトです。

商品が生まれてから消費されるまでのプロセスをサプライチェーンと呼ぶのですが、従来のサプライチェーンは閉ざされた管理体制顧客ニーズへの反応の遅れといった、さまざまな課題を抱えています。

サプライチェーンの流れ

  1. 材料調達
  2. 製造
  3. 管理
  4. 配送
  5. 販売
  6. 消費

OriginTrail(TRAC)では、サプライチェーンが抱える多くの課題を解決することを目標とし、透明性の高さ・データ改ざんへの耐性といった強みを持つプラットフォームの構築に成功。製造業界隈での高い期待感のみならず、多くの投資家から注目されるソリューションとなっています。

OriginTrail(TRAC)の特徴

仮想通貨OriginTrail(TRAC)特徴のイメージ画像

OriginTrail(TRAC)は、「ユニバーサルであること」「協調的であること」「信頼できるデータ交換ができること」に重きを置き、国を超えたサプライチェーンの実現を目指したエコシステムだと言えます。

すでにマイクロソフト社やオラクル社、ウォルマート社といった大企業とプロジェクト提携し、マルチチェーン機能やSDKの提供なども行っているOriginTrail(TRAC)。

ここでは、OriginTrail(TRAC)の強みであるデータ管理プラットフォーム構造ユースケースについてご紹介していきます。

【参考】マルチチェーン銘柄について気になる人はこちらもオススメ

Quant(QNT)は、あらゆるブロックチェーンとネットワークの相互運用を目的として開発されている仮想通貨プロジェクトで、相互運用の問題にア...

【参考】SDKについて気になる人はこちらもオススメ

「COSMOS(ATOM)ってなぜ評判が高いの?」 「COSMOS(ATOM)を購入すべきか悩んでいる」 投資家界隈でも知る人ぞ知るポジ...

特徴①サプライチェーンを包括するデータ管理プラットフォーム

OriginTrail(TRAC)が提供しているデータ管理プラットフォーム「OriginTrail分散ネットワーク(ODN)」は、世界中での利用を踏まえた規格を採用し、会社・組織同士の取引をより安全に・シームレスにするための環境作りに力を注いでいます。

サプライチェーンを支えるソリューションは世の中にたくさんありますが、OriginTrail分散ネットワーク(ODN)は業種・業界・ビジネスの種類に関係なく利用できるという強みがあります。製造から販売までを一貫して行っているような企業だけでなく、メーカー・商社・小売店というように複数の企業や組織をまたぐ場合、異業種をまたぐ場合でも、シンプルかつ安全な取引を可能としているのです。

またODN最大の特徴として、ネットワーク自体は分散化されているものの、ブロックチェーンではないP2Pのオフチェーンネットワークであるという点があげられるでしょう。

オフチェーンとは、メインのブロックチェーン上に記録しない取引及び技術のことを指し、手数料の削減や処理スピードを上げるといった目的で利用されます。特にサプライチェーンでは取引記録が膨大な数になりますので、いかにコストと手間を省略できるかという部分がポイントになります。

【参考】P2P銘柄が気になる人はこちらもオススメ

ファイルコイン(Filecoin/FIL)という次世代のウェブシステムや仮想通貨をご存知でしょうか。 日本ではまだあまり認知度の高くないア...

特徴②役割の違う複数の層で効率化

OriginTrail(TRAC)の構造について詳しく見ていきましょう。

膨大な取引をシンプルかつ安全に管理するため、役割の違う複数の層を持っており、プラットフォームの効率化と長期的な運用を実現しました。

分散型アプリケーション(DApps)

分散型アプリケーション(DApps)とは、1つのサーバーで管理する(中央集権)のではなく、利用するユーザー同士のネットワークを活用して運営・管理・動作する(非中央集権)アプリケーションのことです。

DAppsはゲームや金融商材との相性が非常によく、OriginTrail(TRAC)ではDAppsに特化して機能する層を設けています。

【参考】DAppsが気になる人はNFTゲームもオススメ

テレビやSNSなどで、NFTという言葉を耳にする機会が増えました。なんとなく「デジタルに関する最先端の技術」という印象は抱いているものの、詳...

ODNデータ

ODNデータの層はデータベースの構築に特化しており、データを保護しながらサプライチェーン間を繋ぐ役割を持っています。

世界標準規格に基づいた安全な取引処理が実行されますので、専門的な知識やプロフェッショナルスタッフをポジショニングする必要もありません。

ODNネットワーク

ODNネットワークの層ではスケーラビリティの向上を目標に、ブロックチェーンとは別のネットワークを構築しています。

スケーラビリティとは流動性や規模の拡大に適応する能力のことで、「来客数に応じて店舗が大きくなる」といったイメージです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンの層は主にデータ管理として機能しており、複数のデータをひとまとめにして暗号化し、運用されています。

規模の拡大に合わせて規格が変化するよう設計されており、長期的な最適運用というサプライチェーンの課題を解決しているのです。

【参考】ブロックチェーンについて詳しく知りたい人はこちらがオススメ

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

特徴③幅広い業種をサポートするデータ管理が可能

OriginTrail(TRAC)はすでに多数の企業とパートナーシップを提携しており、食品データや消費データ、実験データといった管理を実現。さまざまな業種でのサプライチェーンをサポートしています。

例えば食品データに関して言えば、生産者・製造者のデータだけでなく、どのように食卓まで辿り着いたのかという一連のプロセスを消費者が簡単に辿ることができます。

取り扱うデータはどれも機密性が高いため、サプライチェーンのデータ管理プラットフォームは改ざんに強くなければなりません。OriginTrail(TRAC)はサプライチェーンで重要視される信頼性においても、高いポジションを誇っていると言っても過言ではないでしょう。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

OriginTrail(TRAC)の現在の推移価格

 

OriginTrail(TRAC)の最大供給量は500,000,000TRACに設定されており、現在すでに全体の73%にあたる363,969,539.87TRACが流通。市場ランキングは155位、時価総額は41,240,275,123円、1TRAC=113円前後で取引されています(2022年1月14日時点)。

2021年11月に高騰を見せていますが、これは世界をリードするデジタル資産アルゴリズム流動性プロバイダーWintermute社との戦略的パートナーシップが発表されたことによるものと予想されます。

現在は急騰を受けて落ち着きを見せているところですが、景気回復に伴って上昇トレンドに入ることを期待したいです。

広告

OriginTrail(TRAC)の今後と動向

仮想通貨OriginTrail(TRAC)今後と動向のイメージ画像

OriginTrail(TRAC)の需要は年々高まっており、2023年に向けて上昇していくと予想するトレーダーが多いようです。

2021年末から仮想通貨全体で落ち込みましたが、今後上昇トレンドの波に乗れるかどうかがポイントとなるでしょう。

仮想通貨が高騰する要因は、「著名人やインフルエンサーによるポジティブな発言」「プロジェクト分野のブームの到来」「開発環境の需要の高まり」などがあげられます。

OriginTrail(TRAC)が専門とするサプライチェーンは今後間違いなく発展していく分野ですので、特に世界的な大手企業とのプロジェクトで成功し、業界内での信頼を重ねていくことで、仮想通貨としての価値も高まっていくと予想できます。

OriginTrail(TRAC)の購入方法

仮想通貨OriginTrail(TRAC)購入方法のイメージ画像

OriginTrail(TRAC)は2022年1月時点で国内の仮想通貨取引所に上場していないため、購入する場合は取り扱いしている海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

OriginTrail(TRAC)の取り扱いがある取引所例

  • Coinbase Exchange
  • KuCoin
  • Huobi Global
  • Bittrex
  • Uniswap

なお、取引ボリュームが最も多いのはCoinbase Exchangeとなっています。

OriginTrail(TRAC)購入の流れ

OriginTrail(TRAC)の購入方法の流れをご説明します。

  • STEP.01
    国内の仮想通貨取引所で円と仮想通貨を交換
  • STEP.02
    国内の仮想通貨取引所からOriginTrail(TRAC)の取り扱いがある海外の取引所へ送金
  • STEP.03
    送金した仮想通貨とOriginTrail(TRAC)を交換

送金する仮想通貨はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった主要コインか、米ドルに紐づいているテザー(USDT)などのステーブルコインがオススメです。

また、送金する際にアドレスを間違えるとコインが戻ってきませんので、まずは少額で送金テストを実施しておくと安心ですよ。

【参考】仮想通貨テザー(USDT)についてはこちらで詳しく解説

仮想通貨テザー(USDT)は、2015年2月にTether Limited社が発行を開始した仮想通貨です。2021年8月現在、市場ランキング...

さらに利益アップを狙うなら「bitcastle」

「bitcastle(ビットキャッスル)」は、『最も安く、最も速く、最も安全な仮想通貨取引所』を根ざした仮想通貨取引所で、利益アップを狙いたいトレーダーに人気があります。

まだOriginTrail(TRAC)の取り扱いはありませんが、今後上場する可能性もゼロではありませんし、なにより今すぐ利益をあげたいという方はぜひチェックして欲しい取引所です。

bitcastleの特徴

  • 超高速バイナリーオプション対応
  • 主要通貨ペアの取引手数料0%
  • コールドウォレット採用

▲今なら仮想通貨が最大50$分プレゼントされますので、ぜひお試しください。

【参考】bitcastleについて詳しく知りたい方はこちらもオススメ

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションは、世界最速スピード&最短5秒で勝負が決まります。ユーザーの投資経験に合わせて取引が選べるため、投資初心者にもおすすめです。この記事では、ビットキャッスル(bitcastle)の魅力や取引全種類について解説しています。

【まとめ】仮想通貨OriginTrail(TRAC)は将来性抜群

OriginTrail(TRAC)の特徴や価格推移のポイントについて解説しました。

サプライチェーンでは「情報・追跡・来歴を可視化する」といった意味を持つ“トレーサビリティ(Trace+Ability)”がキーワードとなっています。TRAC(=トレース)というティッカーシンボルの名の如く、OriginTrail(TRAC)はサプライチェーン全体の時代を変えるプロジェクトに発展すれば、仮想通貨としての価値は間違いなく上がるでしょう。

サプライチェーン銘柄はOriginTrail(TRAC)の他にもVeChain(VET)が有名どころです。サプライチェーンが気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

【参考】仮想通貨VeChain(VET)についてはこちらで詳しく解説

ヴィチェーン(VeChainThor/VET)というプラットフォームや仮想通貨をご存知でしょうか。ヴィチェーン(VeChainThor/VE...