Ocean Protocol(OCEAN)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)

「仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)ってどんな通貨なの?」
「仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)の特徴を簡潔に説明して欲しい」
「仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)に興味はあるけど将来性はあるのだろうか?」

こういった悩みや疑問をお持ちの方の参考となるよう、本記事ではOcean Protocol(OCEAN)について解説いたします。

基本的な情報はもちろん、多くの皆さんが気になるであろう将来性等も解説いたしますので、購入を検討されている方やOcean Protocol(OCEAN)を調べている方はぜひご参照ください。

Ocean Protocol(OCEAN)とは

Ocean Protocol(OCEAN)とは

通貨名称Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)
シンボルOCEAN
現在流通量434,026,837枚
最大供給量613,099,141枚
公式サイトhttps://oceanprotocol.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/oceanprotocol
Telegramコミュニティhttps://t.me/oceanprotocol

Ocean Protocol(OCEAN)はブロックチェーンベースのエコシステムです。ブロックチェーンを用いて安全と透明性を保ちながらデータの共有や消費が出来る分散型プラットフォームとして、現在注目されています。

Ocean Protocolは個人や企業がERC-20ベースのデータトークンを使用することで、データの価値を簡単に解き放ち、収益化できる仕組みを作り上げています。そのため、Ocean Protocolを通じて、パブリッシャーはプライバシーと制御を維持しながら収益化できます。

また、コンシューマ以前では利用できなかったデータセットにアクセスできるようになります。それにより、データセットをオーシャンマーケットで見つけることが出来るようになるのはもちろん、購入、消費、販売が出来るようになりました。

その結果、ユーザーやデータ提供者は、単一の市場に閉じ込められることなく、データに価値を与え、管理できる環境を手に入れることが出来ました。

つまり、Ocean Protocolは分散型ブロックチェーンテクノロジーやデータ共有フレームワーク、エコシステムを統合することによって、新しいデータエコノミーを開始できる環境をユーザに与えるプロトコルということです。

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思いがちですが、アルトコインと呼ばれる将来有望な仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は、仮想通貨の波...

Ocean Protocol(OCEAN)の特徴

Ocean Protocol(OCEAN)の特徴

Ocean Protocol(OCEAN)は、プラットホーム上のデータ保有者だけではなく、研究者や企業もデータを自由に利用できる環境を目指して、開発・運用されています。

その一環として、Ocean Protocolのソフトウェアはデータ交換を容易にするように構築されています。それにより、データを必要とするユーザーやデータを保存するだけのリソースがないユーザー、リソースに余裕のあるユーザーを効率的に結びつけます

そして、リソースを提供する報酬として、ネイティブトークンであるOCEANが付与されます。

ここで手に入れられたOCEANトークンはガバナンスへの参加券や、データの売買など様々な用途で使用できます。

こういった機能や特徴のあるOcean Protocolですが、魅力はそれだけではありません。

この項目ではOcean Protocolについてより詳しく知りたい方に向けて、Ocean Protocolにおける三つの有名な特徴を解説いたします。

「仮想通貨の用語が難しくてよくわからない」 「仮想通貨の用語の意味を知りたい」 仮想通貨の用語は聞きなれないものが多く、難しいと思う方も...

特徴①データの公開が簡単

まず一つ目の特徴として「データの公開が容易」が挙げられます。

Ocean Protocolを使用することで、ユーザーはユーザーが保有しているデータとサービスで構成される分散型マーケットプレイスを簡単に作成できるようになります。

マーケットプレイスでは、コンシューマとデータプロバイダーを接続することによって、データ自体にリンクします。そして、データを誰が取得し、誰がデータを購入したのか、共有したのかをチェーン上に記録します。

こうした機能により、データ所有者に完全な透明性を与え、データと暗号資産の双方で価値の交換を行えるようになっています。

特徴②マーケットプレイスの提供

二つ目の特徴が「Ocean Protocol(OCEAN)はデータの売買が可能となるマーケットプレイスを提供」する機能です。

マーケットプレイスとは、参加者が商品やサービス、データなどを取引できる場のことを指します。マーケットプレイスには様々な種類があります。

具体的には企業間と取引を行うB2Bや、企業と個人の取引を行うB2C、個人間の取引を行うC2C、そしてこれらを複数サポートしている物などがあります。

わかりにくければ、B2Bは企業が仕入れを行う際に使う場所で、B2Cはアマゾン、C2Cはメルカリと考えればさほど問題はありません。

こうしたマーケットプレイスの利用が進むにつれて、NFTマーケットプレイスが誕生したりと、仮想通貨業界でもマーケットプレイスは使用されるようになりました。

Ocean Protocolはそんなマーケットプレイスをユーザーに提供しています。

Ocean Protocolが提供しているマーケットプレイスはデータの売買をする場所となっています。マーケットプレイスで交換されたデータは、Ocean Protocolのネットワーク自体に保存されることはありません。

また、ユーザーは自分の求めるデータを、マーケットプレイスで検索し、特定の条件が満たされた場合にのみロックを解除できる暗号を入手できる仕組みとなっています。

そのため、データの所有者はデータに何が起こったのか、誰が購入したのかが分からないといったことにはなりません。それにより、データをしっかりと制御しながら取引を行える信頼性の高いマーケットプレイスとなっています。

特徴③プライバシーを保護と収益化

三つ目の特徴は「プライバシーを保護し収益化」を可能としている機能です。

Ocean Protocol(OCEAN)において最も価値のあるデータは個人データです。何故なら個人データの活用によって研究とビジネスの成果を向上させることが出来るからです。

こうした個人データ様々な分野で有用に使用できる一方、簡単に悪用もできてしまいます。そのため、プライバシー保護と情報流出のリスクを減らすため、こうしたデータは厳重なアクセス管理が要求されます。

しかし、厳重なアクセス管理を行うことは、情報流出等のリスクを減らすことが出来る一方、厳重なロックをされている金庫は簡単には開け閉めができないように情報へのアクセスがやりづらくなってしまいます。

そのため、Ocean Protocolではプライバシーをしっかりと守りながら、データの共有も出来るように、Compute-to-dataを採用しています。

Compute-to-Dataを使用することによって、プライベートデータを直接共有するのではなく、特定のアクセスだけを許可することができるようになります。

これにより、ユーザーはプライバシーを保護しながら個人データを安全に販売できるようになります。そのため、企業が所有するデータを収益化する手段として利用できます。

こうした個人データは、最新の人工知能モデルの予測精度を向上させるのに役立つこともあって需要は高いのですが、個人データの入手は非常に難しいです。

それに伴い、個人データの価格は高くなっていますので、Ocean Protocolを通じて個人情報を販売することで、大きな収益を上げることも可能です。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

Ocean Protocol(OCEAN)の現在の推移価格

Ocean Protocol(OCEAN)の現在の推移価格

 

Ocean Protocol(OCEAN)は、2019年5月にIEOで開始されました。

2021年4月に最高額に達して以降、価格は一度急激に下がりましたが、現在は価格が上昇したり下降したりしながら、少しずつ上昇しています。
現に一年前の価格と比べると77.59%上昇しています。

Ocean Protocolは昨年でかなり成長しましたが、これからの価格の動きはどうなるか確実な予想は出来ません。

それでも予想するとしたら、暗号相場がこれからますます知られていき投資する人が増えていく可能性が高いことを考えれば、暗号通貨のピークはまだ先にある可能性が高いです。

また、Ocean Protocol事態の発展の余地もまだまだ残っている等のポジティブな情報がいくつかありますので、「今後も価格が上昇する可能性はあるが絶対ではない」といったところでしょうか。

広告

Ocean Protocol(OCEAN)の今後と動向

Ocean Protocol(OCEAN)の今後と動向

この項目では。Ocean Protocol(OCEAN)に興味がある方にとって一番知りたいであろう、Ocean Protocolの今後や将来性について解説いたします。

Ocean Protocolの将来性として注目されているポイントは二つ存在します。

一つ目は「自動運転車の開発協力」です。
Ocean Protocolは現在、ゼネラルモーターズやBMWと協力し、AI駆動の自動運転車を製造するための市場を構築することを検討しています。

自動車による事故で毎年約135万人が死亡していることを考えると、自動運転車の開発は人の命を守り、安全な未来へと繋がる可能性があふれています。

こうしたAI駆動の自動運転車を作るためには多数のデータが必要ですが、自動車メーカーだけでは必要な量のデータを集めることは難しいです。

そのためゼネラルモーターズやBMWは必要なデータを集め、自動運転車市場への進出をするために、Ocean Protocolを通じて他の自動車メーカーと協力し、開発を加速させようと考えています

もしこれが実現し、他の自動車メーカーも参入していけばOcean Protocolはどんどん発展していくでしょう。

第二の将来性のポイントは「病気治療への活用」です。
Ocean Protocolは価値のあるデータへのアクセスを容易にすることで、現在慢性疾患の解明をするために役立てられています。

例えば、パーキン躁病について現在ではわずかなことしか判明しておりません。そのため、現在パーキンソン病を治療する方法は非効率的な物となってしまっています。

研究者や医師達はなんとかこの非効率な治療をどうにか使用としているのですが、病気に関連するデータが不足していることが原因で、なかなか改善できていません。

そこでOcean Protocolが提供する膨大な医療データと組み合わせることで、医師は数多くの治療方法の中で最も良い治療方法を選択できるようになります。
その結果、患者は自分の症状にあった最適な治療を受けられるようになります。

こうした使われ方が今後も行われていくことが予想されるため、Ocean Protocolは将来性があると言えます。

この記事では仮想通貨の10年後について予想しています。10年後の価値や需要、暴落する場合の要因だけでなく、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の10年後についても解説。仮想通貨の購入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

Ocean Protocol(OCEAN)の購入方法

Ocean Protocol(OCEAN)の購入方法

Ocean Protocol(OCEAN)は現在のところ国内の仮想通貨取引所では取り扱っていません。そのため、OCEANを購入する際は海外の取引所を使う必要があります。

OCEANを取り扱っている取引所としては、BINANCEをはじめ、Gate.io、Kraken、Cex.ioなどがあります。

ここで購入すべきといった場所は特にありませんので、迷ったらBINANCEを使用すれば良いでしょう。

BINANCEは世界トップクラスの取引所であり、ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富にありますので、仮想通貨の取引を行う際は基本的にBINANCEを使用すれ問題ありません。

むしろ仮想通貨の取引を行う際は必須とも言える取引所ですので、早めに口座開設をしておくのをおすすめします。

Ocean Protocol(OCEAN)のまとめ

Ocean Protocol(OCEAN)のまとめ

今回はOcean Protocol(OCEAN)の概要や特徴、将来性などについて解説いたしました。
本記事の内容を簡潔にまとめると、

  1. Ocean Protocol(OCEAN)は分散型データ共有プラットフォーム
  2. データの取引が安心かつ容易に出来る
  3. マーケットプレイスを安心して利用できる環境を提供
  4. プライバシーをしっかりと守りながら収益化できるようサポート
  5. 自動運転車や病気治療などに活用されている

となります。

こうした強みのあるOcean Protocol(OCEAN)は、実用化に耐えうるプロダクトを持つ数少ない仮想通貨として、様々な人から機体の目を向けられています。

実際、ドイツの中央銀行が分散型の情報共有ネットワークを構築するためにOcean Protocolの技術を採用しています。

そのため今後も需要が増していく可能性は高いと考えられますので、今後の動向に注目したり、試しに少し買ってみるぐらいしても良いかもしれません。