仮想通貨Bancor(BNT)とは?特徴や将来性について解説

仮想通貨Bancor(BNT)とは?特徴や将来性について解説のイメージ画像

Bancorは分散型仮想通貨取引所(DEX)が世間に広まり始めたころに注目された仮想通貨として聞き覚えがある方もいるのではないでしょうか?現在新しい金融ネットワークシステムとしてDEXを利用した仮想通貨が多くリリースされていますがBancorはその先駆けともいえる仮想通貨です。

「Bancorについて知りたいけれどなんだか難しそう」「そもそもDEXやDefiってなに?」といった疑問を本記事では丁寧に解説します。

Bancorについて将来性や特徴が気になる方は是非読んでいってください。

renBTC(RENBTC)<レンビットコイン>は、ビットコインと交換でイーサリアムチェーン上で発行される仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、renBTCの特徴や将来性について解説します。DeFiやDEXに興味がある人は要チェック!
「仮想通貨Ontology(ONT)に将来性はある?」 「Ontology(ONT)はどのような特徴がある?」 「価格が上昇・下落する...

Bancor(BNT)とは

Bancor(BNT)とはのイメージ画像

Bancorの基本スペック

名称Bancor
トークン名称BNT
過去最高値(2017/6/19)約25ドル
過去最安値(2020/3/13)約0.11ドル
公式ホームページhttps://www.bancor.network/
公式Twitterhttps://twitter.com/bancor

Bancorとは分散型仮想通貨取引所(DEX)の一種で、AMMと呼ばれる自動でマーケットメイクを行うシステムを利用し、流動性を高めている仮想通貨です。分散型仮想取引所の中では最も初期のころから運営していて2017年6月のICO(仮想通貨取引所への新規上場)の際にはたった数時間で約1.5億ドル以上も資金を集めたことで話題にもなりました。

【補足】

マーケットメイクとは、株価や仮想通貨などの金融商品の売買価格を見積もる企業やシステムのことをいいます。価格の決定は金融商品の流通量や取引可能な在庫から算出され、取引価格の幅を設定することで価格変動率(ボラティリティ)を制限する役割も果たします。

Bancor(BNT)の特徴

Bancor(BNT)の特徴のイメージ画像

Bancorの特徴には次のようなものがあります。

Bancorの押さえておきたい特徴

  1. 分散型仮想通貨取引所の先駆けともいわれる仮想通貨 
  2. 分散型仮想通貨取引所を支えるAMMというシステムを開発
  3. イールドファーミングによる利回りの獲得

Bancorは分散型仮想通貨取引所として、現在では当たり前になったAMMなどのシステムを初めて導入した仮想通貨です。分散型の取引所の基礎を作ったBancorの特徴をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴①分散型仮想通貨取引所の先駆けともいわれる仮想通貨

今では分散型仮想通貨取引所はDEXと呼ばれ、仮想通貨のニュースではよく目にする単語になりましたが、DEXを最初に始めたBancorは何が革新的だったのか紹介します。

DEXの最大のメリットは中央管理者(法定通貨の場合は銀行など)を介さずに仮想通貨の取引をユーザー間で直接行うことが出来るという点です。

DEXはDeFiのブロックチェーン上に構築された取引所なので、取引データの管理はブロックチェーンの参加者によって分散して行われます。そのため中央管理者を必要とせず、取引処理も「スマートコントラクト」というブロックチェーンの仕組みにより自動で行われるため、中央管理者を介した取引よりも、大幅に取引コストが削減されるメリットがあります。

またDEXではブロックチェーンの高いセキュリティ性もそのまま継承されているのでハッキング被害などの安全性の面からもDEXは高い評価を得ています。

ところがDEXが始まった当初は中央集権型の管理システムが一般的であったため、分散型管理システムという概念がありませんでした。そんな中いち早くDEXを運営したBancorは注目を浴び、DeFiやDEXブームの火付け役となったのです。

DEXに関する詳しい記事はこちら

「仮想通貨のDEXって何のこと?」 「DEXにはどのようなメリット・デメリットがあるの?」 ここ数年で一気に仮想通貨に投資する人が増えま...

特徴②分散型仮想通貨取引所を支えるAMMというシステムを開発

Bancorの運営する取引所はAMM(Automated Market Maker)型と呼ばれマーケットメイクを自動で行うシステムを構築しています。このシステムの導入はBancorが最初と言われ、今では多くのDEXが採用しています。

AMMの仕組みはDEX内にある「流動性プール」と呼ばれるものに仮想通貨を預けることで自立したマーケットメイクが実現します。

流動性プールとは中央型取引所で言うところの通貨ペア(BTC/USD)と同じ意味です。この流動性プールは取り扱う仮想通貨のペアごとに用意されていて、ユーザーは取引したい仮想通貨ペアのプールに仮想通貨を預けます。

例えばBTC/USDペア(ビットコイントークンと米ドルのペア)を取引する場合、BTC/USDの流動性プールにBTCを預け入れると相対的にUSDの量が減り価値が上昇します。この原理に一定の係数をかけて流動性プール内の価格のバランスを保つことでAMMは自立したマーケットメイクが可能になります。

特徴③イールドファーミングによる利回りの獲得

AMMを使用するBancorはイールドファーミングと呼ばれる利回りを受け取る仕組みが存在します。

イールドファーミングとはDEXに仮想通貨を貸出すことで、流動性プールの流動性を提供すると、その報酬として金利を得るシステムのことを言います。DEXの流動性プールに定められた比率の仮想通貨を預け入れるとLPトークンと呼ばれるトークンが配布され、LPトークンを一定期間保有するとDEXから金利を獲得できるようになっています。

さらにこのLPトークンは他の流動性プールに預け入れることが可能で、LPトークンを預け入れた分の金利も獲得することが出来ます。

このためイールドファーミングを行うと流動性プールに預けた仮想通貨の金利とそれによって獲得したLPトークンの金利の2つの金利を獲得することが出来るようになっています。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

Bancor(BNT)の現在の推移価格

 

Bancorの2022年1月上旬の価格は約3.05ドル。2021年11月11日付近の高値5ドルから比べるとやや下落基調が続いています。長期目線でチャートを見ると2021年の最高値が9.37ドル最安値が1.26ドルであることから現在の価格が極端に安いわけではないことが分かります。

直近のサポートとして機能しそうな安値が3~2.5ドル付近であることから現在取れる戦略で最もリスクの少ないものは長期目線での買いポジションと考えています。

具体的な売買戦略

注目したいエントリーポイント

  1. 長期目線であれば3~2.5ドルの範囲は買い
  2. 短期間の上昇で5ドルにタッチした場合は瞬間的に売り
  3. 5ドルをきれいに突破すれば強気の買い

2番の戦略はうまく機能すれば短期間で大きな利益を獲得することが出来るのでデイトレーダーにはおすすめな戦略です。

チャートを確認すると過去2回5ドルで反発していることが確認できるので、強いレジスタンスが発生していることが確認できます。恐らく5ドル付近で買いポジションを持ったトレーダー達が損失から回復したタイミングである建値で売り抜けているだろうと推測できます。

とすれば、まだこの価格で捕まっているトレーダーたちが「今度こそ」と撤退売りを始めるタイミングに合わせて売りポジションを入れると急落に乗るチャンスになります。

損切のタイミングにしても5ドルを突破すれば即損切すれば損失も軽微なもので済みます。

懸念材料を挙げるとすれば次が3回目の5ドル越えの挑戦という点です。市場心理が「さすがに3回目のアタックであれば5ドルを突破するだろう」といった楽観的な思考になると5ドルのレジスタンスが突破され、急上昇を始める可能性もあります。

そうなった場合は今まで価格が抑えられていた分、一気に10ドルを目指す可能性も考えられます。いずれの場合にしても当面は5ドルがBNTのトレンドを決めるキーポイントになりそうなので価格が近くなった時は要注目です。

短期トレードをするなら「bitcastle」がおすすめ

「bitcastle」は最も安く最も早く最も安全な仮想通貨取引所です。

bitcastleが提供するバイナリーオプションという商品は短期間の価格の変動を予想する取引方法です。今回のBancorのように、値動きが活発になる価格帯が明確な銘柄の場合、バイナリーオプションなどの超短期トレードを行うと効率よく資産を増やすことが出来ます。

まだBancorの取り扱いはありませんが、今後上場する可能性もゼロではないので、今のうちに登録してみてはいかがでしょうか。

今なら取引所で仮想通貨が最大$50分プレゼントキャンペーン中!

広告

Bancor(BNT)の今後と動向

Bancor(BNT)の今後と動向のイメージ画像

DeFiの成長が著しい現在、ますますDEXの需要が高まることが予想されます。特に最近は仮想通貨のステーキングなど、仮想通貨を保有することで報酬を得る仕組みが人気になっています。BancorはDEXを運営する仮想通貨でAMMを利用できることからステーキングできる仮想通貨の中ではかなりの高利回りの報酬を獲得することが出来ます。そのためBancorは今後も人気の仮想通貨になっていくことが予想されます。

またIOCの結果を見ても投資先の仮想通貨としてBancorに対する期待度が高いことが分かるので今後の成長に期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

ステーキングについて詳しく知りたい方はこちら

近頃仮想通貨取引ついて調べるとよく目にするのがステーキング。調べてみるとアルファベットが並んでいたり、専門用語が多かったりでなんだか難しい作...

Bancor(BNT)の購入方法

Bancor(BNT)の購入方法のイメージ画像

Bancorは現在国内の仮想通貨取引所での取り扱いはありません。購入は海外の仮想通貨取引所で購入可能です。

Bancorを購入できる仮想通貨取引所

  • Coinbase
  • Binance
  • Kraken
  • Okex

大手の仮想通貨取引所でも取り扱っているので、初めて購入する方はBinanceが使いやすくておすすめです。

【まとめ】Bancor(BNT)はこれからも成長する通貨

DEXを運営する仮想通貨Bancorについて解説しました。Bancorの押さえておきたいポイントをもう一度確認すると以下のようになります

  • Bancorは分散型仮想通貨取引所(DEX)を運営する仮想通貨
  • BancorのDEXはAMMが使える
  • BNTに投資するときは長期の目線を持つとよい
  • 購入は海外の大手仮想通貨取引所がおすすめ

ブロックチェーン上の金融システムの一般化が進み、DEXでの資産管理が当たり前な世の中になればDEX設立の初期から存在しているBancorは最も安心なDEXと呼べるようになるかもしれません。

今はまだ一部のユーザーにしか認知はされていませんが今後間違いなくメジャーな仮想通貨になるでしょう。トークン単価が比較的安価なうちに投資してみてはいかがでしょうか?