SKALE Network(SKL)とは?将来性や特徴について解説

SKALE Network(SKL)の将来性や特徴について解説のイメージ画像

2020年に発行されたSKALE Network(SKL)という仮想通貨をご存じですか?

国防総省や政府向けのトークンで、安全性が高く、高速通信を可能にするシステムのため、音声データや動画、ビデオ通信を可能にします。

地域の垣根を越えて取引ができる、分散性のあるSKALE Network(SKL)は、将来性が高い仮想通貨として注目を集めています。

そこで今回は、具体的にどのような特徴を持つ通貨なのか、また保有するにあたって気になる今後の動向や現状について解説していきます。

仮想通貨について興味のある方は、保有するかどうかの判断材料の一つにしていただけると幸いです。

この記事を読めばSKALE Network(SKL)に対して理解を深めることが出来ますので、ぜひ最後まで見てください。

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...
最近イーサリアムの価値が暴落している中で、プラスになるニュースが舞い込みました。 最近のイーサリアムは悪い点ばかりがニュースで取りあがられ...

SKALE Network(SKL) 仮想通貨とは

SKALE Network(SKL) 仮想通貨とはのイメージ画像

SKALE Network(SKL) は、Ethereumのセカンドレイヤーであるサイドチェーンネットワーク(SKALE Network)のネイティブトークンのことです。

Ethereumのあらゆる主要なトークン標準(ETH・ERC20・ERC721・Daiなど)に対応しています。

ブロックチェーンと分散化システムの構築を専門とする技術起業家のJack O’Holleran氏とStan Kladko氏によって設立されました。

セカンドレイヤーとはメインのブロックチェーン外で一旦処理のための計算をして、最終的な結果だけをメインのブロックチェーンに戻すことで計算の負担を軽減させることです。

世界中の幅広い範囲で活用が見込まれているので、将来的に価値の向上を期待をされています。

SKALE Network(SKL)の活用方法はこちらです。

  • ゲーム
  • 分散型金融(DeFi)
  • 広告
  • 分散型取引
  • IoT
  • その他(医療、不動産、寄付など)

Ethereumは年々の取引量が増加しており、一度に情報の処理ができない量の取引が発生した時には情報処理が停滞してしまうという問題がありました。

そうした問題の解決のために開発されたのが、情報伝達に遅れが少なく、また低コストで通信が可能になるSKALE Network(SKL)です。

個人でも集団でも、1つもしくは複数のサイドチェーンに対してSKALE Network(SKL)を利用することで、安全な取引をすることができます。

Bitski、Fortmatic、Metamask、Portisなどの様々なウォレットに対応、またブリッジ通貨としての役割もしています。

ティッカーSKL
トークン規格ERC-777
時価総額¥73,484,266,466.32
最大供給7.000.000.000 SKL
総供給4.140.000.000 SKL
循環供給164.166.667 SKL
公式ページhttps://skale.network/ja/
公式Twitterhttps://twitter.com/skalenetwork
市場ランキング125位(2021/1/4時点)

SKALE Network(SKL)の特徴3つ

SKALE Network(SKL)の特徴3つのイメージ画像

次に、SKALE Network(SKL)の特徴3つについて、技術面や他の通貨との違いを交えてお伝えします。

仮想通貨はネットワークの最新技術を利用して作られたものです。

どんどん新しいIT技術が発展してくると共に、仮想通貨のやり取りをするブロックチェーンにも新たな技術が加わってきています。

そうした新しい技術が加わったコインの方が、当然安全性や利便性にも優れているので、多くの人に求められるのではないかと考えられています。

SKALE Network(SKL)にも最新の技術が加わっているので、ぜひブロックチェーンとしての特徴を押さえて、購入を検討する判断材料にしてください。

特徴①ガス手数料の軽減

求める人が多い故にガス手数料がかさんでしまったEthereumは、いずれ使われなくなってしまうのではないかと不安視されていました。

仮想通貨には銀行のようなお金の流通を管理する機関がないため、AさんからBさんへの送金の決済(手続きのための計算)は世界中の人たちの有志で行われています。

ガス手数料を高く設定するほど優先的に手続きを進めてもらうことができるシステムになっています。

しかし現実に置き換えてみると、振込手数料のかかる銀行よりも、手数料がかからない銀行の方が利用したいと思う人は多いはずです。

SKALE Network(SKL)のコンテナは、特定の処理量に達するまではガス手数料がかからずに、データ処理の負荷に比例して各コンテナにCPU、メモリ、ディスクサイズが割り当てられます。

ガス手数料が初めて発生するのは、特定の処理量に達した時になります。

特徴②サイドチェーンでも安全性が高い

仮想通貨の弱点はサイバー攻撃です。

大事な資産だからこそ、取引を乗っ取られるなどは避けなくてはいけません。

前世代のサイドチェーンは、少数のバリデータノードを使用することである程度の処理性能とデータが送られてくるまでの待ち時間がかったことで、取引の整合性にリスクがあると考えられていました。

それを、SKALE Network(SKL)は各チェーンへのランダムなノードの割り当てや、バリデータ群同士の頻繁なノード交換をできるようにしたことで高い安全性を確立することができるようになりました。

SKALE Network(SKL)の取引承認の仕組みには、ビザンチン・フォールト・トレランス性のある非同期プロトコルを採用していることから、不正な取引がされる心配がありません

ビザンチン・フォールト・トレランス性とは相互通信するネットワーク上で、通信および個々のオブジェクトが故障、または故意に偽の情報を伝達する可能性が出た場合、正しい合意(取引の承認)ができるように問題を解決して、正常にネットワークを稼働させるシステムです。

特徴③ブロックの作成は必要に応じて対応

Ethereumや、日本で仮想通貨が有名になったきっけであるBitcoinは、前世代のブロックチェーンです。

これらのブロックチェーンでは、ブロックタイムが固定されていることから通常は10秒または15秒ごとに新しいブロックが作られます。

しかし、次世代のブロックチェーンであるSKALE Network(SKL)は、必要があった時にだけブロックを作り出すことができます。

つまり、取引がなければ新たにブロックを作る必要がないので、その間はコンピューターを休めることができ、反対に取引が必要になれば、その数秒後には新しいブロックが作られます。

ただ、チェーンが動いているのかどうかを確認したいと言うニーズがあるため、10秒ごとに空のブロックを作成する機能もリリースされました。

こうした機能ができたことで、将来的に同じノードに複数のブロックチェーンを持つことができるかもしれず、コストダウンやリソースの節約ができるようになるので、仮想通貨ユーザーからの需要が高まっていく可能性があります。

Ethereumのガス代の決め方についてはこちら

仮想通貨イーサリアム(ETH)のガス代が何か分からない方に向けて書きました。イーサリアム(ETH)の概要から、損せずして送金スピードを上げるために行うべきガス代の設定方法についても紹介しています。ぜひ読んでみてください。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

SKALE Network(SKL)の現在の推移価格

SKALE Network(SKL)の現在の価格推移イメージ画像

 

日本でも仮想通貨の取引所のCMが流れるくらい、世界中で仮想通貨への関心と需要が高まってきています。

そのため、現在は下降気味なSKALE Network(SKL)も、2022年以降は需要が高まることで価格が上昇する可能性があると思います。

広告

SKALE Network(SKL)の今後の動向

SKALE Network(SKL)の今後の動向のイメージ画像

SKALE Network(SKL)は2021年にいくつもの良いニュースを発表しています。
それらのニュースが今後の動きにも作用するので、3つのポイントに絞って見ていきましょう。

ポイント①ステーキング価値トップ10入り

2021年3月に、SKALE Network(SKL)はステーキング価値のトップ10入りを果たしました。 2020年に作られてから1年ほどであるにも関わらず、ここまで見える形で多くの人に支持されているという証拠です。

ステーキングとは 簡単に言えば、仮想通貨の定期預金のようなものです。

一定期間、一定額以上の仮想通貨を動かせない状態にして保有しておくことで、見返りとして一定の利率に基づいた額の仮想通貨を得ることができることです。

ポイント②大手取引所への上場

SKALE Network(SKL)は、プロ向けのプラットフォームであるCoinbase ProやCoinbase、仮想通貨の交換アプリとしてユーザー数1000万人を誇るCrypto.com、MetaMask Swapへの上場が発表されました。

仮想通貨は知名度を上げて、多くの人に求められてこそ価値が上がっていきます。 そのために必要不可欠と言っても過言ではないのが取引所への上場です。

価値を上げるためには、世界中の人の注目を浴びるような大きな取引所で扱ってもらうことが一番の近道なので、これから注目を集めていく可能性があります。

ポイント③SKALE Network(SKL)の活用

ネット上で全ての取引が完了できる分散型アプリケーションの需要は高まっています。

技術的なノウハウが不足している企業も多い中で、SKALE Network(SKL)を利用したプロジェクトを発表する企業も現れました。

例えば、バトルモバイルゲームをリリースしたCryptoCrusadesにもSKALE Network(SKL)が利用されています。 画面に表示される資源や兵士、都市といったグラフィックで見えるものから、戦闘システムまで全てがブロックチェーン上に存在します。

これまで、3つの理由から完全にブロックチェーン上でゲームを作ることはできないとされていました。

1つ目はガス手数料が高いこと、2つ目はブロックサイズの制限が小さいこと、3つ目はブロックタイムが遅いことです。

リアルタイムで動きが必要なゲームにとっては、制限のあるなかでの計算だと時間がかかることや、所有権が変わるたびにガス手数料がかかってしまうことでユーザーが利用しなくなることが懸念されていたのです。

しかし、SKALE Network(SKL)の技術を利用することでこうした課題が解決されて、ゲーム業界に新たな可能性をつくることに至ったのです。

EthereumでBitcoin?新しい仮想通貨についてはこちら

renBTC(RENBTC)<レンビットコイン>は、ビットコインと交換でイーサリアムチェーン上で発行される仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、renBTCの特徴や将来性について解説します。DeFiやDEXに興味がある人は要チェック!

SKALE Network(SKL)の購入方法

SKALE Network(SKL)の購入方法

日本語でも対応している取引高世界一位のBinance、中国の3大取引所の1つであるOKExやCoinTiger、FTXなど23社以上の取引所で購入することができます。

日本国内では、ダウンタウンの松本さんのCMでお馴染みのbitFlyerや、GMOコインで購入することができます。

まとめ

SKALE Network(SKL)は、今大注目のEthereumとの互換性のある仮想通貨です。
ガス手数料がゼロに近くなること、また高い安全性や処理速度が速いことが大きな特徴です。

ステーキング価値トップ10入りや、様々な企業がSKALE Network(SKL)を利用したプロジェクトを発表するなど注目を集めています。

大手取引所への上場も果たしていることから、今後の値上がりに期待できるので、ぜひチェックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする