仮想通貨Perpetual Protocol(PERP) とは?特徴や将来性を解説

仮想通貨Perpetual Protocol(PERP) とは?特徴や将来性を解説

「Perpetual Protocol(PERP) はどんな特徴の仮想通貨?」

「Perpetual Protocol(PERP) に将来性あるの?」

Perpetual Protocol(PERP)は分散コンピュータネットワークの利用ユーザーが、デリバティブ契約を行える取引所を運営してるプロジェクトです。

今回はPerpetual Protocol(PERP) がどんな特徴、サービスの仮想通貨なのか。また、Perpetual Protocol(PERP)に将来性あるのかをチャートを基に解説していくので、この記事を読めばPerpetual Protocol(PERP)に対して理解を深めることができます。

どの仮想通貨を保有するかお困りの方。是非とも最後まで読んで頂き、判断材料の一つにして貰えれば幸いです。

Perpetual Protocol(PERP)とは?

Perpetual Protocol(PERP)とは?

Perpetual Protocol(PERP)は、ユーザーが仮想通貨でデリバティブ契約を行えるようサービスを提供するプロジェクトです。

デリバティブ契約とは株式や債券、金利、為替、通貨など原資産となる金融商品から派生した取引の総称のことです。具体的な取引方法を挙げると、先物取引オプション取引スワップ取引の3つになります。

先物取引

将来の決められた日に、購入したい価格をあらかじめ決めておけるという取引のこと。今後相場が上がろうが下がろうが、約束の日には決められた価格で取引を行える。

例えば、金を1年後に10万円で購入するという契約をしたとして、1年後には金の相場が下がったとしても金を10万円で購入することができる取引。

これが先物取引というもので、価格変動リスクを回避できるのが特徴

代表的な取引として、日経平均先物、TOPIX先物などある。

オプション取引

決められた期間内であれば「決めた価格で購入できる権利」を購入する取引のこと
この「決めた価格で購入できるという権利」は行使してもいいし、放棄することもできる。

例えば、金が10万円で売っていたとし、今すぐに購入することもできるが、金の価値は変動するので今後値下がりする可能性がある。
そこで「今から1年間の間に11万円で購入できるという権利」を購入する。

金の価格が値上がりして12万円になった時に権利を行使すれば、11万円で金を購入することができ、1万円の差額分が利益となる。

逆の値動きをし購入時に損をする場合、この権利は放棄することもできるのが特徴

しかし、全く損をしないわけではなく「11万円で購入できる権利」を購入する際にはオプション代金としていくらか支払いをしているので、この代金分は損をすることになる。

代表的な取引として、日経平均オプション、TOPIXオプションなどがある。

オプション取引

オプション取引

スワップ取引

等価のキャッシュフローを交換する取引のことで、2者間で合意された想定元本に対して異なる指標を適用して計算されたキャッシュフローを一定期間交換する取引のこと。

スワップ取引の代表的なものに金利スワップというものがある。金利スワップは、同じ通貨で異なるタイプの金利を交換するというもので、金利には、変動金利と固定金利がある。

固定金利で1000万円のローンを組んでいるAさんと、変動金利で1000万円のローンを組んでいるBさんがいるとして、Aさんは、今後金利は低下すると思い、変動金利型のローンにしたいと、Bさんは金利が上昇すると思い、固定金利型のローンにしたいと感じている時。

この場合、Aさんの金利とBさんの金利を交換することができれば解決する。これが金利スワップである。

実際には、金利の交換ということはできないので、AさんがBさんの変動金利を支払い、BさんがAさんの固定金利を支払うという形

代表的な取引として、金利スワップや通貨スワップ、クーポンスワップなどがある。

スワップ取引

スワップ取引

Perpetual Protocol(PERP)の基本情報

Perpetual Protocol(PERP) の基本情報

仮想通貨名パーペチュアルプロトコル
トークン名Perpetual Protocol(PERP) 
公開年2020年
発行上限150,000,000PERP
発行枚数63,410,000PERP
現在の価格1,044.63円
時価総額77,339,977,726円
市場ランキング123位
公式ホームページhttps://www.perp.com/
Twitterhttps://twitter.com/perpprotocol

Perpetual Protocol(PERP)は台湾で生まれた仮想通貨で、創設者のYenwenFengとShao-Kangが主導しています。当初はStrike Protocolという名前で2018年に発売されていました。Perpetual Protocol(PERP)と名を変えたのが2020年9月にであり、現在も成長している仮想通貨です。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

Perpetual Protocol(PERP)の特徴

Perpetual Protocol(PERP)の特徴

特徴①10倍のレバレッジオンチェーン永久契約

Perpetual Protocol(PERP)は仮想通貨でデリバティブ契約を行えるため、FXのようなレバレッジを利用することができます

これによりユーザーは、少額の資金で大きな金額の取引ができるようになります。

レバレッジとは?

レバレッジは「レバー=てこ(梃子)」から来ており、直訳すると「レバレッジ=梃子作用、てこの原理」となります。

投資関連の話題における「レバレッジ」とは、「小さな自己資金で大きな投資効果を得る」という意味です。FX(外国為替証拠金取引)などにおいては、「レバレッジを効かせる」といった表現で用いられます。

つまり手元の資金にレバレッジをかけることで、通常取り引きできる額よりも遥かに多い額を取り引きできるのです。

レバレッジのデメリットとして、扱う金額が増える分損をした時の金額も増えることです。

レバレッジを利用することはハイリスク・ハイリターンであることを十分に理解しましょう。

特徴②任意の資産で資金運用ができる

Perpetual Protocol(PERP)は取引できる資金の種類が多いという特徴があります。

それは仮想通貨のみならず、ゴールド(金)、フィアット、コモなども含まれており、ユーザーは自分の好きな資金での運用を行えます。

広告

Perpetual Protocol(PERP)の推移価格

Perpetual Protocol(PERP)の推移価格

 

Perpetual Protocol(PERP)は2021年1月より市場の注目を集め始めました。

チャートを確認するとある程度の値動きがあり、FXと同じくレバレッジを聞かせていることから、短期トレード狙いの投資家が一定数いるようです。

なので、今回はテクニカル分析を用いてチャートで分析していきます。

・テクニカル分析
 チャートを用いた分析方法、主にデイトレードなどの短い期間での分析に利用される。

・ファンダメンタル分析
 経済指標などを用いた分析方法、主に金利による資産運用を目的とする、長期保有での分析の際に利用される。

テクニカル分析についての参考記事はこちら

仮想通貨取引を始めると必ず目にする“テクニカル分析” 勉強しようにも専門用語が多く、分析方法も多岐に渡るため初心者の方にはかなり難しいイメ...

現在の価格動向

仮想通貨Perpetual Protocol(PERP)の現在の価格は2022年1月2日時点で9.08ドル。直近一週間の高値は9.99ドル、安値が8.50ドルです。

今のトレンドは11月8日から続く、下降トレンドが止まるかどうかという状態です。

この場合反発地点の基準ともいえる、トレンドラインを調べる必要があるのですが、一日足で見ると一本の棒グラフに対する値幅の揺れが大きく、いまいち分かりにくいです。

こういう時は4時間足や1時間足などの間隔の短いグラフを利用する必要があります。

4時間足で見る場合、12月17,29,30日の8.5ドルあたりがラインとなりそうです。(12月15日により低い安値があるが、後の抵抗回数的に8.5ドルのラインが強力に見える)

このトレンドラインを抜けるか反発するかが重要となります。

トレンドラインとは?
為替相場は基本、上昇、下降、横ばいの3つの方向性しかなく、政治や経済の情勢など様々な要因の影響を受けながら、3つの方向性を波打ちながらに繰り返している。

この方向性のことを「トレンド」と呼び、波の高値同士、安値同士に補助線を引くことで為替の動きを予想する。この補助線が「トレンドライン」である

購入のタイミング

Perpetual Protocol(PERP)は先物取引が可能です。なので、トークンの購入だけでなく売りから入ることも可能です。

今回重要となるのは8.5ドルのラインです。これを下抜けすると、価値が上がると予測しトークンを購入していたユーザーは、これ以上の損を避けるため通貨の売りを行い一時的な値崩れがおきます。

逆に12月21日27日の高値10.0ドルを上抜けすれば、売りのユーザーの損切りが入るので値上がりします。

8.5ドルと10.0ドルのトレンドラインをどう抜けるかが今後の注目点です。

Perpetual Protocol(PERP)の購入方法

Perpetual Protocol(PERP)の購入方法

Perpetual Protocol(PERP)は残念ながら現時点で国内取引所での取り扱いがありません

PERPトークンを購入するためには、以下のステップを踏んで海外取引所で購入する必要があります。

  • STEP.01登録
    任意の取引所でアカウントの取得
  • STEP.02口座開設
    取引所の指示画面に従い、口座開設
  • STEP.03購入
    仮想通貨を購入
  • STEP.04交換
    海外の取引所に登録後、購入した仮想通貨と交換
Perpetual Protocol(PERP)を購入できる取引所一覧

  • Binance
  • Ledger
  • BRDウォレット

はじめて取引所を利用するのであれば、ユーザー数トップクラスのBinanceがオススメです。

Binanceについての参考記事はこちら

「仮想通貨取引所のバイナンスってどんな特徴があるの?」 「バイナンスを使うメリットやデメリットは?」 「バイナンスに登録する方法は?」 ...

【まとめ】
Perpetual Protocol(PERP)は投資家の需要から将来性ある

【まとめ】 Perpetual Protocol(PERP)は投資家の需要から将来性ある

Perpetual Protocol(PERP)の持つデリバティブ契約のサービスは、FXなどを利用しているトレーダーに高い需要があります。

先物取引などの資金運用は通貨の値動きを見る際、トレーダーのアプローチ方法を著しく増やせるからです。

しかし、これには大きなデメリットも存在します。

アプローチ方法の増加は、そのままリスクの増加に直結するからです。特に10倍のレバレッジをかけられるというのは、儲けを10倍に損を10倍にできるという、ハイリスクハイリターンの取引です。

Perpetual Protocol(PERP)は、十二分な注意と覚悟が求められる仮想通貨であるといえます。