仮想通貨Dogelon Mars(ELON)とは?犬系コインの将来性も解説

「Dogelon Mars(ELON)がどんな仮想通貨か実はよく知らない」
「Dogelon Mars(ELON)みたいな犬系コイン・ミームコインの将来性が気になる」

Dogelon Mars(ELON)<ドージロンマーズ>といえば、比較的新しい犬系コインのため、注目している人が多い仮想通貨(暗号資産)です。

犬をモチーフにした仮想通貨であることから親しみやすく、ドージコイン(DOGE)やイーロン・マスク氏に影響されたミームコインでもあることから、気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Dogelon Mars(ELON)の特徴や将来性について解説します。ミームコインの魅力についても説明しているので、投資を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

「SHIBA INU(SHIB)ってどんな仮想通貨なの?」 「SHIBA INU(SHIB)の将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨(暗...
「Akita Inu(AKITA)ってどんな仮想通貨なの?」 「Akita Inu(AKITA)の将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨...

Dogelon Mars(ELON)とは

Dogelon Marsの見出しと火星の画像

Dogelon Mars(ELON)<ドージロンマーズ>は、犬系コインで有名なドージコイン(DOGE)からのフォーク(分岐)によって誕生した仮想通貨(暗号資産)です。

目立つような機能は持っていないため、一般的にはミームコイン(meme coin)に分類されます。ミームコインとは、いわゆる“ネタ”として生まれたジョーク通貨です。

Dogelon Mars(ELON)の由来はドージコイン(DOGE)と、その値動きに最も影響を与えているとされる著名人イーロン・マスク(Elon Musk)氏。そして、イーロン氏がCEOを務める宇宙開発企業「スペースX」の目標である火星(Mars)移住にちなんでいます。

ちなみにDogelon Marsの発行や運営に関して、イーロン・マスク氏は全く関係がありません。ただしその値動きに関しては、イーロン氏のTwitterでの発言内容によって影響する場合が多いようです。

Dogelon Marsの公式サイトの画像

通貨名ドージロンマーズ
シンボルELON
取引開始日2021年4月
発行上限1,000,000,000,000,000ELON
現在の価格約0.0001844円
時価総額約103,087,578,147円
市場ランキング104位
公式サイトhttps://dogelonmars.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/DogelonMars
公式Telegramコミュニティhttps://t.me/dogelonmars

※2021年12月28日時点。

ドージコイン(DOGE)については、こちらで詳しく解説しています。

ここ数年で一気に注目されている仮想通貨。今回は仮想通貨の「ドージコイン(DOGE)」について詳しく解説していきます。 ドージコイン...

Dogelon Mars(ELON)の特徴

Dogelon Mars特徴の見出しと火星の画像

現在ミームコインとされる銘柄は250以上あり、そのうち約100銘柄は「犬」が関係しています。その中でDogelon Mars(ELON)は、ドージコイン(DOGE)やシバイヌコイン(SHIB)に続く人気を誇る犬系コインです。

ここでは、Dogelon Marsの主な特徴を3つご紹介します。

特徴① 宇宙で使える仮想通貨を目指している

Dogelon Mars(ELON)は、人類が火星に移住した後に惑星間のお金のやり取りに利用することを目的としています。つまり宇宙での通貨です。

Dogelon Marsの公式ホームページを見ると、作りこまれたファンタジーストーリーが背景として設定されていて、それに関する漫画も公開されています。公式Twitterでもその世界観は健在で、多くの人がその物語に惹き込まれているようです。

仮想通貨を通じて自分もその世界に浸っているような気分になれる点で、エンターテイメント性のあるミームコインと言えるでしょう。

Dogelon Mars公式サイトの漫画の画像

日本で有名なミームコイン「モナコイン(MONA)」もあわせてチェック!

「モナコイン(MONA)ってどんな仮想通貨なの?」 「モナコイン(MONA)の将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨(暗号資産)が200...

特徴② 独占による価格のコントロールを防ぐ

Dogelon Mars(ELON)は、PolygonおよびEthereumのチェーン上で発行される、ERC-20規格のトークン(仮想通貨)です。総供給量の50%は、仮想通貨イーサリアム(ETH)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏に寄付されています。

そして残りの50%は、DEX(分散型取引所)のUniswap(ユニスワップ)」に預けられているのが大きな特徴です。これにより、一部の投資家による仮想通貨の独占や価格急落を防ぐことができます。

ミームコインの場合、特定の存在によって大部分のトークンをコントロールされる恐れがあるため、トークン分配が非常に重要です。Dogelon Marsの場合、ヴィタリック氏とDEXのUniswapに分けることで、開発チームが一切保有していない点も安心材料の一つとなっています。

人気のDEX(分散型取引所)「PancakeSwap」もあわせてチェック!

「パンケーキスワップ(PancakeSwap/CAKE)とは何?」「どうやって始めればいいの?」 仮想通貨においてDEX(分散型取引所)が...

特徴③ 「安く買って、高く売る」が基本

もともと価格が安いミームコインは、少ない資産でも多くの枚数を購入できる点が魅力です。そのため、安く買って高い時に売るというのが一般的な稼ぎ方となっています。

Dogelon Mars(ELON)のような犬系コインも、それを期待して購入している個人投資家が多い印象です。

ちなみに人気のあまり出ていない安い仮想通貨は「草コイン」と呼ばれ、価格の急騰を期待してあえて購入する人もたくさんいます。Dogelon Marsも当初はそういった銘柄であったと言えるでしょう。

現在でも価格が急に上がったり下がったりを繰り返しているDogelon Marsは、売買する際にしっかりとタイミングを見計らう必要があります。

草コインについては、こちらで詳しく解説しています。

仮想通貨に興味を持ち始めると「草コイン」という言葉を耳にする機会もあるでしょう。 草コインは仮想通貨用語の1つで知名度や時価総額が低いアル...

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

Dogelon Mars(ELON)の現在の推移価格

 

これまでDogelon Mars(ELON)が急上昇したタイミングは下記の通りです。

  • 2021年5月 イーロン・マスク氏がドージコインで「スペースX」による月面探査の資金調達を実施したことを発表
  • 2021年10~11月 海外取引所「OKEx」と「Crypto.com」に上場

このことから、イーロン氏が携わっている宇宙事業の進捗状況や、大型取引所への上場が影響していることが分かります。

基本的には下がったら上がるを繰り返しているので、今のところは一定の価格を保っているような動きをしているように見えなくもありません。需要と供給のバランスがとれているうちは、もう少しだけ上がりそうな気もします。

広告

Dogelon Mars(ELON)の今後と動向

Dogelon Mars今後と動向の見出しと火星の画像

Dogelon Mars(ELON)は、同じく犬系コインで人気のドージコイン(DOGE)やシバイヌコイン(SHIB)の値動きにも影響を受けているように見受けられます。そのため、Dogelon Marsの人気がより確立されれば、今後も価格が上がるかもしれません。

まだまだ日本では知名度が低いため、もっと多くの仮想通貨取引所で取り扱われるようになれば、その将来性にも期待できそうです。

Dogelon Mars(ELON)の購入方法

Dogelon Mars購入方法の見出しと火星の画像

Dogelon Mars(ELON)は日本の仮想通貨取引所では取り扱っていません。そのため、海外の仮想通貨取引所やDEX(分散型取引所)で購入する必要があります。

ただし、取引所によっては日本人向けサービスを停止しているところもあるようです。また、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないため、リスクも踏まえたうえで利用しましょう。

Dogelon Mars(ELON)を購入できる取引所 一例

  • KuCoin(クーコイン)
  • Gate.io(ゲート)
  • POLONIEX(ポロニエックス)
  • Uniswap(ユニスワップ)
  • ShibaSwap(シバスワップ)

仮想通貨取引所を探す際は、こちらも参考にしてみてください。

仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

海外の仮想通貨取引所でDogelon Mars(ELON)を購入する手順は下記の通りです。

  • STEP.01口座開設
    日本と海外、それぞれの仮想通貨取引所に口座を開設。
  • STEP.02取引ペア
    国内取引所でDogelon Mars(ELON)の取引ペアとなっている仮想通貨を購入。
    ※取引ペアとして一般的なのは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)です。
  • STEP.03海外送金
    国内取引所から取引ペアの仮想通貨を海外取引所に送金して、Dogelon Mars(ELON)を購入。

日本語対応の「bitcastle」で海外取引所に慣れよう

海外の仮想通貨取引所を利用することに不安を感じている人は、まず「bitcastle(ビットキャッスル)」に登録してみてはいかがでしょうか。bitcastleは日本語に対応しているので、まずはこちらで海外の取引所の雰囲気に慣れておくのもオススメです。

また、bitcastleは大半の通貨をオフラインのコールドウォレットで保管しているため、安心して資産預けることができます。主要通貨ペアの取引手数料が0%なのも魅力の一つです。

今のところまだDogelon Mars(ELON)を取り扱っていませんが、今後上場する可能性もゼロではないため、ぜひ今のうちに登録しておいてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】仮想通貨Dogelon Mars(ELON)の将来性はイーロン氏次第

Dogelon Mars(ELON)<ドージロンマーズ>は、ドージコイン(DOGE)からフォークした犬系コインと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)です。

“宇宙で使える仮想通貨を目指す”というミームコインで、他の犬系コインとは少し変わったテーマ性を持つことから値動きも独特に感じられます。

また、チャートの動きはイーロン・マスク氏が携わっている宇宙事業に影響しているように思われることから、今後もイーロン氏のTwitterで情報収集をしながら売買のタイミングを見逃さないようにしましょう。