IoTeX(IOTX)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨IoTeX(IOTX)のアイキャッチ

「仮想通貨IoTeX(IOTX)って何?」
「仮想通貨IoTeX(IOTX)の将来性は?」
「仮想通貨IoTeX(IOTX)の特徴を簡単に教えて!」
こんな人たちは多数いらっしゃると思います。本記事ではこうした人たちの悩みを少しでも解決できるよう、IoTeX(IOTX)とはどういったものなのかを分かりやすく解説します。
そのため、IoTeXの特徴や今後の動向を知りたい方はぜひ最後まで目を通していってください。

IoTeX(IOTX)とは

IoTeX(IOTX)とはのイメージ画像

IoTeX(IOTX)は、オープンソースプラットフォームとして2017年にラウレンチャイ氏とローレン氏の手によって共同設立されました。

あらゆる物がインターネットに繋がるIoT(物のインターネット)分野にフォーカスした仮想通貨プロジェクトとして活動をはじめたIoTeXは、様々な人から期待と注目を集めております。
IoTeXの将来のビジョンとしては、2025年までに11兆ドル程の規模へと成長するであろうIoT分野において、ブロックチェーン技術を活用して集権的な利益中心の束縛からの分散化を目指しています

その一環として、IoT市場の成長を妨げている諸問題を解決するため、セキュリティやプライバシー、相互運用性の向上を図り、誰もがデバイスからデータを取得し、次世代の分散型アプリケーションを活かせる未来を目指して活動しています。

このようにIoTの導入のきっかけを与えるほど魅力的なアプリケーションをとなることを目指して運営されているのが、IoTexです。

ティッカーシンボル(通貨名称)IOTX
総発行枚数10,000,000,000枚
公式ページhttps://iotex.io/
Twitterhttps://twitter.com/iotex_io

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...
仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

IoTeX(IOTX)の特徴

IoTeX(IOTX)の特徴のイメージ画像

IOTXは物のインターネット(IoT)デバイスと分散型アプリケーションをつなぐことを目的としたプロットフォーム(IoTeX)を動かすためのイーサリアムトークンです。
取引の支払いをはじめ、ガバナンスやステーキングの他、IoTeXネットワーク上に新規デバイスを登録するために使用できます。そんなIoTeX(IOTX)の特徴を解説します。

特徴①高いプライバシー保護システム

IoTeX(IOTX)は現在IoT分野への進出を目指して開発・運用が行われております。
IoTとは、「Internet of Things」の略称で、日本語に翻訳すると「あらゆる物をインターネットとつなげる」といった意味になります。分かりやすく身近な物を例に挙げると、家電製品等をネットにつなげてスマホ一台で全て管理できるようなシステムのことを指します。

スマホ一台でお風呂を沸かし、冷暖房を操作するといった近未来的な生活に近づく革新的な技術として多くの人に注目されていますが、一般人でも使用できるように普及するためには、まだまだ障害があると言われています。

具体的な障害としては、処理遅延の問題・導入コストの高さ・プライバシー保護の問題などがあります。その結果、ユーザーを引き込むための企業が利用する動機となる「キラーアプリケーション」が存在せず、普及が滞っている状態になっています。

そんな現状を打破するために開されたのがIoTeX(IOTX)です。
IoTeXでは、IoTの普及のためユーザーが安心して利用できるようにプライバシー保護に努めております。IoTにより接続された電子機器から個人情報が漏れてしまうことがないよう、ブロックチェーンを使ってインフラを構築し、プライバシーの保護を行っています。
また、それだけではなくブロックチェーンの中にブロックチェーンを組み込むという複雑な構造も採用しております。

こうした仕組みにより、特定の企業が関与しない形でIoT製品を動かせるようになり、ユーザーは個人情報を知られることなくIoT製品を使えるようになるのではないかと言われています。その結果、現在IoTeX(IOTX)は多くの人から期待のまなざしを向けられております。

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

特徴②簡単な操作性

IoTeX(IOTX)は通信の安全性を強化するために、ブロックチェーン技術を利用し、改ざんやハッキングに強いシステムを作り上げております。しかし、IoTeX(IOTX)はそこで止まることなく、更に安心して利用できるシステムを目指し、簡単な操作性にもこだわっているようです。

IoTeXの仕組み自体は上記のように極めて複雑な形を取っていますが、ユーザーにまで複雑な操作を要求してしまうことのないようなシステム作りも行っております。
その結果、IoTeXはユーザーが複雑なシステムを意識することのない、使いやすさを第一に考えられたUI / UXとなっています。

それに伴い、IoTeXは導入が簡単かつ安全といった企業に優しいシステムとなっています。そのため、今後もユーザーが増えていき、トークンの価値も上昇する可能性は高いでしょう。

特徴③バーン&ドロップ

IOTXは最初の100万台のデバイスにIoTeXが搭載されることにより、総発行枚数の10%近くである約10億IOTXのうち90%がバーンされ、10%がステーキング報酬に割り当てられます。

バーンとは、流通している暗号資産を焼却し減らすことで、暗号資産の価値を上昇させることや安定させることが目的です。これにより、暗号資産の需要と供給に直接影響を与えることが出来ます。
また、バーンすることで仮想通貨を保有している人たちに利益をもたらすともされています。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

IoTeX(IOTX)の現在の推移価格

IoTeX(IOTX)の現在の推移価格のイメージ画像

 

IoTeX(IOTX)は年間を通じて驚異的な速度で成長と変動を見せています。今後の発展が期待されるIoT分野にフォーカスした仮想通貨プロジェクトということもあって、これからも価格の上昇は十分に期待できますが、価格が下がる可能性もまた同じく存在します。

それどころか、もし競合プロジェクトがキラーアプリケーションを開発してしまえば、その価値はガクッと下がる可能性も高いと言わざるを得ません。

しかしこうしたリスクを鑑みても、ウォレットの投資家をはじめ様々な人がIoTeXの価格がメタスペースを支配し、簡単に最大値に達する可能性があるといっているように、投資する価値はある仮想通貨でもあります。

広告

IoTeX(IOTX)の今後と動向

IoTeX(IOTX)の今後と動向のイメージ画像

IoTeX(IOTX)はIoT分野にフォーカスした仮想通貨プロジェクトということもあって、IoTが普及すれば大きな市場を獲得できるでしょう。

実際、IoT分野はまだまだ未開拓の市場であり、導入されれば数兆円以上の産業になると言われていることもあって、期待値はとても大きいです。もし、IoTeX(IOTX)がキラーアプリケーションになれば、その価値は間違いなく高まるでしょう。

ただ一つ心配な点を上げると、IoT分野には競合が多いことです。
具体的にはIOTA(アイオタ)やETC(イーサリアムクラシック)という大きな勢力が既にライバルとしています。IOTXがこれからも価値を上昇させていくためには、こうした競合他社に対し負けないよう競争が強いられ、シェアの奪い合いに勝利しなければなりません。

IoTeX(IOTX)はユーザーに目標を説明するためロードマップを公式サイトにて公開しています。そのため、IoTeX(IOTX)の今後の動向を調べる際にはロードマップを参考にすると良いかもしれません。

「IOTA(MIOTA)ってどんな仮想通貨なの?」 「IOTA(MIOTA)に将来性はある?」 独自の分散型台帳を採用しているIOTA(...

IoTeX(IOTX)の購入方法

IoTeX(IOTX)の購入方法のイメージ画像

IoTeX(IOTX)は国内取引所では扱われていません。そのため、購入する際は海外取引所を利用せざるを得ません。

取り扱っている取引所としましては、全世界取引高ナンバーワンの「Binance」に上場していますので、Binanceを利用するのがおすすめです。
他にもHuobi Global、FTX、KuCoinなどの主要な暗号通貨取引所で取引が出来ますので、使い慣れた海外の取引所があるならそこを利用して問題はないでしょう。

「仮想通貨取引所のバイナンスってどんな特徴があるの?」 「バイナンスを使うメリットやデメリットは?」 「バイナンスに登録する方法は?」 ...

IoTeX(IOTX)のまとめ

IoTeX(IOTX)のまとめのイメージ画像

今回はIoTeX(IOTX)の特徴や将来性などについてを解説いたしました。
本記事の内容と結論を分かりやすくまとめると、

  1. IoTeX(IOTX)はIoT分野にフォーカスした仮想通貨プロジェクト
  2. IoT分野は将来数兆円以上の産業へと拡大すると見込まれている、将来性抜群の分野
  3. IoT分野はキラー製品やリーダー企業がまだ存在していない
  4. 高いプライバシー保護システムや操作性の良さといった特徴がある
  5. ライバルにIOTAやETCなどがいるがIOTXがキラー製品となり得る可能性も十分あり得る

となります。
IoTはインターネット空間に革命を起こすことを目的としています。実際、IoTが導入されれば全ての人の生活に大きな影響を与えるのはもちろん、今後数兆円以上の規模の産業に成長することが期待されています。
そのため、将来性が抜群の分野であることは間違いありません。しかし、そんな将来性がある分野なら他の会社が黙っているはずがありません。実勢、IoT分野にフォーカスした仮想通貨プロジェクトとしてIOTAやETCをはじめとした強力なライバルが存在します。

そんな強力なライバルがいる中でもIoTeX(IOTX)が注目されているのは、特徴で説明した高いプライバシー保護システムや簡単な操作性などの優位性が挙げられます。
他にも、Facebook、Google、UBER、インテルなど超有名企業がチームのバックグラウンドに存在している点も注目です。こうした強力なIT分野のコネクションを持っているのは、今後の成長に大きな支えとなるでしょう。

また、IoTeX(IOTX)の共同設立者の一人であるローレン氏はオラクルとグーグルで技術リーダーを担当したり、uberで暗号技術研究開発責任者として働いていた経験のある人物であることも注目点です。

こうした特徴や強みから、IoTeX(IOTX)はキラー製品の開発競争に負けて価値が下がる可能性もあるが、キラー製品の開発を成功させ価値が上昇する可能性も十二分にあります。そのため、今後の動向に注目したり、投資したりする価値のある仮想通貨に間違いないです。