仮想通貨Zcash(ZEC)の将来性は?特徴や購入方法も紹介

「Zcash(ZEC)が、どんな特徴を持った仮想通貨銘柄なのか知りたい」

「Zcash(ZEC)を購入するか迷っているため、将来性のある通貨なのか知りたい」

そんな人に向けて、この記事では仮想通貨Zcash(ZEC)の将来性や特徴、チャート、購入方法などを解説します。この記事を読み終えれば、Zcash(ZEC)について深く理解できます。Zcash(ZEC)を購入するか悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

▼以下の記事では、おすすめのアルトコインを11個紹介しています。

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思いがちですが、アルトコインと呼ばれる将来有望な仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は、仮想通貨の波...

▼また、おすすめの仮想通貨取引所は以下の記事で紹介しています。

仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

仮想通貨Zcash(ZEC)とは

たくさんのビットコインが散らばっている写真

仮想通貨Zcash(ZEC)は、高い匿名性が特徴の通貨です。ゼロ知識証明やアドレスの使い分けなどにより、匿名性を維持しています。匿名性が売りの仮想通貨銘柄は他にもいくつかありますが、Zcash(ZEC)はその中でも群を抜いていると言われています。

仮想通貨Zcash(ZEC)の特徴

紫の背景の上にビットコインが重なっている画像

匿名性が高いことで有名な仮想通貨Zcash(ZEC)。しかし、他の匿名性コインとはどのような点が異なるのでしょうか。ここでは、そんなZcash(ZEC)の特徴を3つ紹介します。

特徴① ゼロ知識証明により匿名性が高い

ゼロ知識証明により匿名性が高く保たれている点は、Zcash(ZEC)の特徴として挙げられます。

Zcash(ZEC)に使われているゼロ知識証明という技術は、「ある事実の真偽を知識がなくても証明できること」を可能にした画期的な技術です。このゼロ知識証明によって、取引内容の詳細を知られることなく、取引の公正さを確認できます。

特徴② 2種類のアドレスから選べる

ビットコインを始めとする多くの仮想通貨銘柄は、送金の際にトランザクションアドレスというアドレスを利用しています。しかし、トランザクションアドレスは、送金額などのデータが公開されてしまうというデメリットがあります。

Zcash(ZEC)は、トランザクションアドレスの他に、プライバシーを完全に守れるシールドアドレスも使うことができます。トランザクションアドレスを使って送金するか、シールドアドレスを使って送金するかは、利用者がそれぞれ選択できる仕組みになっています。

このように、2種類のアドレスを用意することでプライバシーを守れる点は、Zcash(ZEC)の特徴の1つです。

特徴③ マイニングが独占されにくい

Zcash(ZEC)の特徴の3つ目は、マイニングが独占されにくいことです。マイニングとは、仮想通貨取引に不正がないか計算し承認を下す作業のことで、マイニングをした人は報酬として仮想通貨を受け取れます。しかし、多くの仮想通貨銘柄では、マイニングを大企業などの大きな団体が独占してしまう問題が生じています。

その点、Zcash(ZEC)はエクイハッシュというアルゴリズムを採用しており、専用のマシンを使ったマイニングを拒否します。そのため、資金のある大企業でなくとも、一般市民1人1人がマイニング可能となっているのです。

▼なお、マイニングについては以下の記事でも詳しく解説しています。

ビットコイン(Bitcoin /BTC)をはじめとする仮想通貨の増やし方には、仮想通貨取引以外にマイニングという方法があるのをご存知でしょう...

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

仮想通貨Zcash(ZEC)の現在の推移価格

様々なデバイスのデスクトップにチャートが映されている写真

仮想通貨Zcash(ZEC)の推移価格は以下の通りです。

 

  • 通貨単位:ZEC
  • 現在(2021年12月):18,835.67円
  • 時価総額ランキング:61位
  • リリース:2016年11月

Zcash(ZEC)は、上場直後に大きく暴落したことがありました。現在でも、当時ほどではないにせよ比較的変動の激しい銘柄です。

2021年1月から2021年5月まで上昇し、今は多少の上下を繰り返している状況です。政府による規制がなく、企業などとの連携が進めばまた価格が急上昇する可能性もあります。匿名性コインに関する情報にアンテナを貼っておくと良いでしょう。

広告

仮想通貨Zcash(ZEC)の将来性

積み上げられたコインの横にペンが置かれている写真

Zcash(ZEC)の購入を検討している人にとって、将来性があるかどうかは気になるポイントの1つでしょう。そこで、この項ではZcash(ZEC)の将来性を左右するキーワードを3つ挙げて、それぞれについて解説します。

政府による規制

Zcash(ZEC)は、匿名性の高い仮想通貨銘柄として有名です。匿名性の高さは、プライバシーを保護できるという意味ではメリットとなり得ますが、一方で犯罪や不正に使われてしまう危険性も孕んでいます。

インサイダー取引やマネーロンダリングに使われるかもしれない危険な通貨として、多くの国で政府による規制が起これば、Zcash(ZEC)の価値は大きく下がってしまうでしょう。

そのため、匿名性が吉と出るか凶と出るかが、Zcash(ZEC)の将来性を左右する重要なポイントです。

インサイダー取引:未公開な情報を使用して利益を得る取引のこと。

マネーロンダリング:不正行為や犯罪によって得たお金を、数々の銀行に点々と移動させて、出所を隠す行為のこと。

スケーラビリティ問題への対応

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨取引が多く発生した際に、取引の遅延や手数料の高騰などが生じてしまう問題のことです。イーサリアムなどの、多くの仮想通貨銘柄につきまとう問題です。

Zcash(ZEC)も例外ではなく、匿名性の高さを維持するために特殊な技術を使っていることから、取引が遅延しやすい特徴があります。そのため、スケーラビリティ問題に対応できるかどうかによって、Zcash(ZEC)の将来性は大きく変化するでしょう。

大企業や組織との連携

仮想通貨銘柄の将来性には、大企業や組織などの信頼性の高い機関と連携できるかが重要なポイントとなります。

Zcash(ZEC)は、これまでにアメリカの大手銀行JPモルガンと連携したことがあります。このことはニュースでも報じられて話題となり、一時的に価格が高騰しました。今後も企業などの組織と連携することが増えれば、Zcash(ZEC)の価格上昇に繋がると考えられます。

仮想通貨Zcash(ZEC)の購入方法

ノートパソコンを操作している人の写真

ここまで、Zcash(ZEC)の特徴や将来性について解説してきました。ここからは、実際にZcash(ZEC)を購入する際の方法を説明します。Zcash(ZEC)の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

国内の仮想通貨取引所では取り扱われていない

2021年12月現在、Zcash(ZEC)を取り扱っている日本国内の仮想通貨取引所はありません。そのため、Zcash(ZEC)を保有するには、海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

仮想通貨Zcash(ZEC)を購入できる海外の仮想通貨取引所

Zcash(ZEC)を購入できる主な仮想通貨取引は、以下の通りです。

  • Binance(バイナンス)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Mandala Exchange(マンダラエクスチェンジ)
  • CoinTiger(コインタイガー)

海外の仮想通貨取引所を使うのが不安な人には、Binance(バイナンス)の利用をおすすめします。世界最大級の仮想通貨取引所と言われており、比較的信頼できるからです。

bitcastleで今後取り扱う可能性も

「bitcastle」という仮想通貨取引所でも、今後Zcash(ZEC)を取り扱う可能性があります。人気が高まっているbitcastleでは、取り扱い仮想通貨銘柄数を増やす予定だからです。マイナーな銘柄からメジャーな銘柄まで、幅広く取り扱う見込であるため、Zcash(ZEC)を取り扱い始める可能性も十分あります。

また、bitcastleを使うその他のメリットは以下の通りです。

  • ほぼ100%コールドウォレットで保管している
  • 世界最速のバイナリーオプション取引(5秒)を体験できる
  • 主要銘柄の取引手数料が0円

メリット盛りだくさんな取引所であるため、ぜひ今のうちに登録してみて下さい。

→bitcastleの登録はこちらから!

▼bitcastleについては、この記事でも詳しく解説しています。

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションは、世界最速スピード&最短5秒で勝負が決まります。ユーザーの投資経験に合わせて取引が選べるため、投資初心者にもおすすめです。この記事では、ビットキャッスル(bitcastle)の魅力や取引全種類について解説しています。

【まとめ】仮想通貨Zcash(ZEC)は匿名性の高い銘柄!

本記事では、仮想通貨Zcash(ZEC)の将来性、特徴、チャート、購入方法などを紹介しました。様々な技術を用いて匿名性を維持しているZcash(ZEC)は、プライバシーを守りたいという考えの人々による支持を得ています。

一方で、犯罪に使われる危険性も孕んでいるため、政府によって規制がかかってしまう可能性も。Zcash(ZEC)が匿名性と犯罪の防止を両立できれば、価格の上昇が期待できます。

今後もZcash(ZEC)の値動きから目が離せませんね。