仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは?将来性も解説

「NEAR Protocol(NEAR)を保有するか迷っている…将来性があるのか知りたい」

「NEAR Protocol(NEAR)ってどんな仮想通貨銘柄なのか詳しく知りたい!」

そのような人に向けて、この記事では仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の将来性や価格推移などを解説します。他にも、今後のチャートの推移予想やNEAR Protocol(NEAR)を購入できる取引所の紹介もしています。

そのため、この記事を読めばNEAR Protocol(NEAR)の現状と未来についての知識を得られます。ぜひ最後まで読んで、NEAR Protocol(NEAR)を購入するか検討してみてくださいね。

なお、以下の記事では将来有望な11個のアルトコインについてまとめています。

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思いがちですが、アルトコインと呼ばれる将来有望な仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は、仮想通貨の波...

また以下の記事では草コイン(=アルトコイン)に関してまとめられているため、ぜひ参考にして下さい。

仮想通貨に興味を持ち始めると「草コイン」という言葉を耳にする機会もあるでしょう。 草コインは仮想通貨用語の1つで知名度や時価総額が低いアル...

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは

パソコンを操作している人の写真

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題の克服を目指す銘柄です。そのため、イーサリアムに変わる新しい仮想通貨銘柄として注目を集めています。

そんなNEAR Protocol(NEAR)は、dApps開発やスマートコントラクトプラットフォームの分野に、大きく貢献すると期待されています。

スケーラビリティ問題:処理能力を上回る需要が生じた際に、取引手数料が高額となったり処理速度が遅くなったりする問題のこと。

dApps開発:仮想通貨やゲームに使う分散型アプリケーションのこと。中央集権が存在しない点やブロックチェーン技術を使用している点が特徴。

スマートコントラクト:ブロックチェーン上で取引が自動的に実行される仕組みのこと。

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の特徴

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が置かれている写真

スケーラビリティ問題の克服を目的に作られた仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)。

ここでは、そんなNEAR Protocol(NEAR)の特徴を3つ紹介します。

イーサリアム2.0と競合している

1つ目の特徴は、イーサリアム2.0と競合している点です。

イーサリアムに生じているスケーラビリティ問題克服のために誕生したNEAR Protocol(NEAR)ですが、実はイーサリアム自体も克服のため動いています。具体的には、シャーディング技術が搭載された「イーサリアム2.0」を開発中なのです。

NEAR Protocol(NEAR)もまたシャーディング技術を搭載しているため、NEAR Protocol(NEAR)とイーサリアム2.0はライバル関係にあると言えます。

シャーディング:1か所で保存していたデータを分散させることで、各データベースの負担を減らす技術。ブロックチェーンの処理速度を速められると注目されている。

「Rainbow」でイーサリアムのトークンをNEARに持ち込める

NEAR Protocol(NEAR)の特徴の2つ目は、「Rainbow」というプロダクトがある点です。

このRainbowによって、イーサリアムのトークンをNEARに橋渡しをすることがができます。このような取り組みが行われている目的は、イーサリアムでdApps開発をしている人をNEARに移動させることです。

Rainbowは、イーサリアム2.0と競合関係にあるNEAR Protocol(NEAR)にとって大切な特徴の1つだと言えます。

「トップ50のブロックチェーン企業」に選ばれている

NEAR Protocol(NEAR)は、「トップ50のブロックチェーン企業」の1つとしてランクインしています。

「トップ50のブロックチェーン企業」は、ブロックチェーン企業に投資をしているCVVCという企業が作成したものです。NEAR Protocol(NEAR)は、ブロックチェーンに詳しい団体からも支持されていることが分かります。

このことは、NEAR Protocol(NEAR)に搭載されている技術が優れていることを裏付けています。

5秒で決済!業界最速バイナリー取引所

ビットキャッスル

取引手数料0%

カンタン操作

土日取引可能

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の現在の推移価格

紙幣、クレジットカード、ビットコインの写真

 

  • 通貨単位:NEAR
  • 現在(2021年12月):904.76円
  • 時価総額ランキング:40位
  • リリース:2020年10月

NEAR Protocol(NEAR)は、2020年10月に開発されてから約14ヵ月で、時価総額ランキング40位となった銘柄です。シャーディング技術の搭載によって、取引の遅延や手数料の高騰を防いでいるNEAR Protocol(NEAR)は、多くの人々に期待されているのです。

そのため、今後もイーサリアム2.0よりも優位な技術を持ち続けられれば、NEAR Protocol(NEAR)の価格はさらに上昇すると考えられます。一方で、イーサリアム2.0よりも技術が劣るようなことがあれば、価格が暴落する可能性もあるでしょう。

広告

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の将来性

パソコンとスマートフォンにチャートが映っている写真

ここまで、NEAR Protocol(NEAR)の特徴や現在のチャートを確認してきました。

この項では、NEAR Protocol(NEAR)の将来性について、2つの観点から解説します。

イーサリアム2.0を追い越し続けられるか

1つ目は、イーサリアム2.0を追い越し続けられるかです。

NEAR Protocol(NEAR)が注目を集めているのは、イーサリウムのスケーラビリティ問題を克服すると期待されているためです。逆に言うと、イーサリアム2.0の方が優位となった場合、NEAR Protocol(NEAR)の人気は一気に下がってしまうでしょう。

現時点ではNEAR Protocol(NEAR)は、かなりのスピード感で技術の搭載を進めています。今後においてもこのスピード感が保たれれば、NEAR Protocol(NEAR)の将来は明るいと言えるでしょう。

ビットコインの値動き

ビットコインの値動きも、NEAR Protocol(NEAR)の将来性を左右する大切なポイントです。

NEAR Protocol(NEAR)が誕生してからこれまでの間、仮想通貨銘柄の中で最大の人気を誇るビットコインの価格推移に連動する形で相場が動いてきました。

今後もしばらくは、ビットコインの値動きに併せて上昇や暴落が発生すると考えられます。そのため、ビットコインに関する情報収集に力を入れると良いでしょう。

なお、この記事でビットコインの将来を予想しているため、ぜひ参考にしてください。

この記事では仮想通貨の10年後について予想しています。10年後の価値や需要、暴落する場合の要因だけでなく、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の10年後についても解説。仮想通貨の購入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の購入方法

パソコンとスマートフォンでチャートを見ている写真

NEAR Protocol(NEAR)は指示の厚い仮想通貨銘柄であることが分かりました。

この項では「今のうちにNEAR Protocol(NEAR)を所有しておきたい」と考えている人に向けて、NEAR Protocol(NEAR)の購入方法を紹介します。

国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない

2021年12月現在、日本国内の仮想通貨取扱所ではNEAR Protocol(NEAR)は扱われていません。NEAR Protocol(NEAR)を所有したい人は、海外の仮想通貨取引所で入手しましょう。

これからNEAR Protocol(NEAR)の人気がさらに高まれば、日本の仮想通貨取引所でも取り扱われるかもしれませんね。

NEAR Protocol(NEAR)を購入できる海外の仮想通貨取引所

NEAR Protocol(NEAR)の購入が可能な海外の主な仮想通貨取引所は、以下の通りです。

  • Binance(バイナンス)
  • Mandala Exchange(マンダラエクスチェンジ)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Huobi Global(フォビグローバル)

中でも、世界最大の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)を使って購入することをおすすめします。

bitcastleで今後取り扱う可能性も

実は、bitcastleという仮想通貨取引所でも、今後NEAR Protocol(NEAR)を取り扱う可能性があります。bitcastleは人気向上中の取引所で、今後取り扱い銘柄を増やす予定だからです。

bitcastleの人気の秘訣は、世界最速のバイナリーオプション取引ができるところや、主要仮想通貨銘柄の取引手数料が0円なところなど。さらに、預けた仮想通貨のほとんどをコールドウォレットで管理しているため、安全性も担保しています。

そのため、今のうちにbitcastleに登録しておくと良いでしょう。

→bitcastle登録はこちらから!

また、こちらの記事でもbitcastleについて詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

【まとめ】仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)の技術力に期待

この記事では、NEAR Protocol(NEAR)の将来性や特徴などを解説しました。

イーサリアムに代わる仮想通貨として注目されているNEAR Protocol(NEAR)は、誕生して1年と少しで時価総額ランキング40位にまで上り詰めています。「トップ50のブロックチェーン企業」に選出されるなど、ブロックチェーンに詳しい人からも高い評価を得ている銘柄です。

今後もスピード感のある技術搭載を進め、人々からの支持を集めれば、価格はさらに上昇することでしょう。これからもNEAR Protocol(NEAR)の動きから目が離せませんね。