仮想通貨(暗号資産)とFXの違いとは?それぞれの仕組みやメリットを解説

最近では、「仮想通貨」や「FX」という言葉を耳にする機会が増えました。そのため、「なんとなく儲かりそうだからチャレンジしてみたい」というように、仮想通貨やFXに漠然とした興味がある人も多いのではないでしょうか。資金形成の一環として、挑戦したくなりますよね。

しかし、仮想通貨とFXの違いが今一つ分からず、どちらを始めればよいか決断できない人もいると思います。実際、多様な金融商品が展開されている昨今、違いを正しく理解することは難しくもあります。

そこで、本記事では仮想通貨とFXの違いやメリット、共通点を解説します。本記事を読めば、仮想通貨とFXの違いやメリットを理解できます。正しい知識を身に付けられれば、どちらを始めるか検討する判断材料となるため、ぜひ参考にしてください。

「仮想通貨の用語が難しくてよくわからない」 「仮想通貨の用語の意味を知りたい」 仮想通貨の用語は聞きなれないものが多く、難しいと思う方も...
「仮想通貨を勉強するのにおすすめの本は?」「仮想通貨の本を購入したが、結局読まなかった」 仮想通貨に興味を持ち始めると、このように考える人...

目次

仮想通貨の特徴や仕組みとは?

デスクトップにビットコインのイラストが移っている画像

正体不明の人物サトシナカモトの論文がきっかけとなって、2009年に世界初の仮想通貨「ビットコイン」が開発されました。記念すべき世界初の仮想通貨取引は2010年に起こり、なんとピザ2枚の購入だったと言います。

以降、仮想通貨は世界中の人々へと普及が進みました。そして現在では、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が開発され、人々の手に渡って行っています。

ここでは、そんな仮想通貨の特徴や仕組みについて解説します。

仮想通貨はインターネット上にのみ存在するお金

仮想通貨は現実世界に形を持って存在しているのではなく、データとしてインターネット上にのみ存在しています。円やドルなどの法定通貨とは違い、物理的に存在する通貨ではないためです。

人々が仮想通貨を購入や送金、売買などで使う際も、全てインターネット上で取引が完了します。このように、お札や硬貨のように直接手で触れることができない点が仮想通貨の特徴的な点です。

ブロックチェーンですべての取引が記録されている

仮想通貨はブロックチェーンという仕組みによって、すべての取引が記録されています。これにより、仮想通貨保有者が相互に改ざんなどの不正がないか監視し合えます。

具体的には、マイナーと呼ばれる人々が、世界中の仮想通貨取引に不正がないか計算し、承認を下すことで取引が正式に認められるという仕組みになっています。このブロックチェーンという仕組みによって、中央銀行などの機関がなくとも、人々は仮想通貨を信頼し購入しているのです。

一方、円やドルなどの法定通貨は、中央銀行などの信頼性の高い機関が管理しているため、利用者が相互に監視し合う必要はありません。ブロックチェーンは法定通貨にはない、仮想通貨ならではの技術なのです。

仮想通貨には2,000以上の種類がある

なんと仮想通貨には、2,000以上もの種類があります。なぜこんなにもたくさんの種類があるのかというと、仮想通貨は法定通貨よりも容易に作れるためです。そのため、「ビットコイン」や「イーサリアム」などの有名な仮想通貨の他にも、「草コイン」と呼ばれる無名な仮想通貨がたくさん存在しています。

なお、仮想通貨にはこれだけの種類があるのに対し、円やドルなどの法定通貨は1か国につき1通貨が流通している場合が多いです。これだけたくさんの種類の通貨が存在するのも、仮想通貨特有の性質です。

仮想通貨投資のメリットは?

白いプラスのマークの画像

仮想通貨は、ブロックチェーンという特殊な仕組みの上で成り立っていることや、多くの種類があることが分かりました。

続いては、そんな仮想通貨投資のメリットを3つ紹介します。

土日にも取引ができる

1つ目のメリットは、土日にも取引ができる点が挙げられます。

もしも平日にしか取引ができないとなると、仕事が忙しいなどの理由で取引のための時間が取れない人もあるでしょう。その点、仮想通貨なら投資だけでなく、換金や購入も平日・土日問わず24時間可能です。

このように、仮想通貨は年中無休でいつでも取引ができるため、平日は忙しく土日に取引したい人にとって利便性が高いです。

投資初心者でも始めやすい

2つ目のメリットは、投資初心者でも始めやすい点です。

なぜなら、仮想通貨は1000円程度から購入できるものが多いためです。例えば、人気の高い仮想通貨取引所であるコインチェックを使えば、500円程度で仮想通貨を購入できます。その他にも、草コインの中にはなんと100円ほどで購入できる仮想通貨もあります。

仮想通貨は少ない資金で始められるため、初心者にとって比較的敷居が低いと言えるでしょう。

値動きが大きいため大きく儲けられる可能性がある

仮想通貨投資は、FXや株への投資よりも値動きが大きい傾向にあるため、大きく儲けられる可能性があります。

値幅制限がかかっている株式投資と異なり、仮想通貨投資は値幅に制限がないためです。また、仮想通貨は投機的側面があるため、短期的に売買する人が多いことも値動きが大きい要因の1つ。

実際に、2017年にはビットコインが急激に値上がりしましたが、翌年から暴落していきました。また、草コインの1つであるドージコインという仮想通貨が、0.8円からたったの4ヵ月で70円代にまで値上がりした事例もあります。

このように仮想通貨は値動きが大きいため、暴落のリスクがある一方で大きく儲けられる可能性も孕んでいると言えるでしょう。

FXの特徴や仕組みとは?

交差するチャートの画像

「外国為替証拠金取引」とも呼ばれている金融商品であるFX。最近はスマートフォンでも取引が出来るようになったため、参入する敷居が低くなり、新たに始める人が増えています。

ここからは、そんなFXの特徴や仕組みを解説します。

外貨の売買により利益を生み出す

FXとは、「日本円とアメリカドル」、「日本円とイギリスポンド」、「ユーロとアメリカドル」などのように、2つの通貨を売買することで利益を生み出します。具体的には、為替レートが高い時を狙って売る、安い時を狙って買うといった取引を行うことで儲けられるのです。

また、扱う通貨によって値動きが活発となる時間帯が異なるため、自分の生活スタイルに合わせて買う通貨を決めることもできます。

為替差益を得られるキャピタルゲイン

FXで儲ける方法の1つに、キャピタルゲインがあります。

キャピタルゲインとは、為替差益(通貨の売値と買値の差額)によって利益を得る方法です。例えば、5000円で買った通貨を5500円で売れば、500円分が利益となるという具合です。

このキャピタルゲインには、短い期間で大きな利益を得られる可能性が高いというメリットがあります。ただし、想定外の暴落があった際には大きな損失を被ることにもなります。

スワップポイントを得られるインカムゲイン

インカムゲインも、FXで儲ける方法の1つです。

インカムゲインはキャピタルゲインとは違い、通貨ペアを保有していることで生じる利益のことです。株式取引で言うところの、配当金受取だと考えると分かりやすいでしょう。具体的には、保有している2つの通貨の金利の差額によってスワップポイントという利益が発生する仕組みです。

そんなインカムゲインには、通貨ペアを保有し続けていれば毎日利益を得られる点や、暴落への危機感を感じずに済む点がメリットです。一方で、選択できる通貨ペアが限られている点はデメリットと言えるでしょう。

FXのメリットは?

黄色い背景に緑色の「great!」というロゴの画像

外貨の売買で利益を生み出し、キャピタルゲインやインカムゲインといった方法で儲けられるFX。

そんなFXにも仮想通貨と同様、メリットが存在します。この項では、FXのメリットを3つ紹介するため、ぜひ参考にしてください。

法定通貨なため価値が保証されている

1つ目のメリットは、法定通貨なため価値が保証されている点です。

FXは、日本円やアメリカドルなどの法定通貨を売買することで利益を得ます。そのため、通貨そのものの価値がいきなりなくなることはありません。一方、仮想通貨は法定通貨ではないため、突然予想に反した急暴落が生じる可能性もあります。

以上のことから、価値が保証されている点はFXのメリットだと言えます。

信託保全があるため預けたお金は必ず返ってくる

2つ目のメリットは、信託保全によりFX会社に預けたお金は必ず返ってくる点です。

信託保全とは、万が一FX会社が倒産や破産した場合に、FX会社に預けているお金が返却される仕組みです。具体的には、FX会社が保有している財産と、顧客によって預けられている財産を切り離し、顧客の財産は別途銀行などで保管しています。そのため、FX会社が倒産してしまっても、私たちが預けたお金は安全に保管されており、必ず返却されるのです。

このように、預けたお金が必ず返ってくる点はFXのメリットとして挙げられます。

分散投資がしやすい

分散投資がしやすい点も、FXのメリットです。

例えば、日本円を売ってアメリカドルを買う、アメリカドルを売ってイギリスポンドを買うというように、様々な通貨に分散して投資することができるためです。

分散投資をしていないと、1つの通貨が暴落した際に大きな被害をこうむります。一方、投資先を分散させておけば、1つの通貨が暴落したとしても、他でカバーすることが可能です。

このように、分散投資は暴落による損失へのリスクヘッジに繋がるため、メリットだと言えるのです。

仮想通貨投資とFXの違いを解説

両手の掌を前面に突き出している画像

ここまで、仮想通貨とFXの特徴やメリットを紹介してきました。一方で、それぞれの特徴やメリットを理解出来ても、違いまで把握することは難しいですよね。

そこで、この項では仮想通貨とFXの違いを9つの観点から紹介します。どちらを始めるか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨か法定通貨か

仮想通貨か法定通貨かという点が、仮想通貨とFXの1つ目の違いです。

FXは日本円やアメリカドルなどの法定通貨を使うのに対し、仮想通貨は物理的には存在せず、インターネット上にのみ存在するお金です。

法定通貨は仮想通貨に比べ流通量が遥かに多く、人々からの信頼も厚いです。一方、仮想通貨は2009年に登場したばかりでもあり、流通量はそこまで多くありません。また、まだデータも少ないことから、予期せぬ大きな値動きが発生することが多いです。

価格変動の予想の難しさ

仮想通貨とFXとでは、価格変動を予想する難しさが異なります。FXの場合、国家ごとの政策や情勢によって価格変動が起こるため、ある程度予測が可能です。一方、仮想通貨はいつ何が要因となって価格変動が起こるか未知数であり、投資のプロであっても予測不可能な部分があります。

このように、FXは比較的価格変動を予想しやすく、逆に仮想通貨は価格変動の予想が非常に難しいです。

スプレッドの大きさ

売値と買値の差のことを「スプレッド」と言います。このスプレッドの大きさが、仮想通貨とFXとで異なるのです。

具体的には、仮想通貨に比べFXのスプレッドはとても小さく設定されています。仮想通貨やFXにおいて、スプレッドは取引の際に発生する手数料としてみなされているため、仮想通貨の方が手数料が高いとも言えます。

このように、FXはスプレッドが小さく、仮想通貨はスプレッドが大きいです。

資産が保証されているか

資産が保証されているかという点も、仮想通貨とFXとで異なります。

FXには信託保全があるため、FX会社が倒産するようなことがあっても、預けたお金は必ず戻ってきます。一方、仮想通貨にはこのような制度はないため、積み上げた資産が完全に保証されているわけではありません。

以上のことから、仮想通貨よりもFXの方が、手厚く資産が保証されていると言えます。

誕生してからの期間

5つ目の違いは、誕生してからの期間です。

仮想通貨が誕生したのは2009年であるため、仮想通貨には十数年しか歴史がありません。一方、FXは1990年代から取引が始まっており、20年以上もの歴史があります。

このように、FXは仮想通貨に比べ約2倍の期間取引されているため、法整備が進んでおり、安全に取引できる環境が整っています。一方仮想通貨は歴史が浅いため、FXほど法整備が整っていません。また、歴史の浅さから信頼も薄く、些細なきっかけで大きな価格変動が起こりやすいです。

これらのことから、仮想通貨とFXの違いとして、誕生してから経過した期間が挙げられます。FXは仮想通貨に比べ、約2倍も長い歴史があるのです。

価格変動の激しさ

仮想通貨とFXの違いの6つ目として、価格変動の激しさが挙げられます。

仮想通貨はFXに比べ、価格変動が遥かに激しいのです。具体的には、FXは1日当たりの価格変動が1円以下であることが多いのに対し、仮想通貨は1日で10%以上もの変動が生じることもあります。そのため、仮想通貨は大きく儲けられる可能性がある一方で、暴落の危険性も持ち合わせているのです。

このように、価格変動の激しさが大きく違う点も、仮想通貨とFXの相違点です。

現物取引か信用取引か

仮想通貨とFXとでは、取引方法も異なります。具体的には、仮想通貨は現物取引も信用取引も行えるのに対し、FXは信用取引のみを行えます。

なお現物取引とは、決済の際に現物と現金が使われる取引のことです。また、信用取引とは、証拠金として預けた資金を担保として取引ができるもののことを言います。

以上のことから、取引の方法が仮想通貨とFXとでは異なる点も、両者の違いの1つとして挙げられます。

取引可能な曜日

取引可能な時間帯も、仮想通貨とFXとで異なります。仮想通貨は平日・土日問わず24時間取引可能な一方で、FX取引ができるのは平日の24時間のみです。

このように、取引が出来る曜日が異なる点も、仮想通貨とFXの違いの1つだと言えるでしょう。

税金の考え方

仮想通貨とFXの違いには、税金の考え方も該当します。

FXの場合、利益の20%が税金となる申告分離課税となるのに対し、仮想通貨は総合課税となります。そのため、仮想通貨で得た利益は、給与を始めとする他の所得と合算した上で課税されるのです。

以上のことから、税金の考え方についても仮想通貨とFXで異なることが分かります。

「仮想通貨の利益にかかる税金は高そうで心配!」「節税方法が知りたい」 仮想通貨の取り引きで利益が出始めると、具体的な税金や節税について知り...
広告

仮想通貨投資とFXの共通点を解説

2つの同じ見た目のロボットが手を繋いでいる画像

仮想通貨とFXには、異なる点が9つもありました。

しかし、相違点だけではなく共通するところもあります。そこで、ここでは仮想通貨とFXの共通点を3つ紹介します。

小さい額から取引が出来る

仮想通貨とFXの1つ目の共通点は、小さい額から取引可能な点です。

株式投資や不動産投資などをする場合には、数十万円の資金が必要となることが多いです。それに対し、FXや仮想通貨は500円~数千円から取引を始められます。

そのため、仮想通貨やFXであれば、大きな資金がない人であっても小さい額から試せます。このように始める敷居が低い点を、魅力的に感じる人も多いです。

投資の手段となる

仮想通貨もFXも、投資の手段として使える点が共通しています。

仮想通貨はお金として存在していますが、一般市民が買い物などに利用するケースより、投資や投機目的で売買に使われるケースの方が多いです。また、FXは複数の通貨を売買することで利益を得ることを意味します。

そのため、仮想通貨もFXも投資の手段となると言えます。

リスクを抱えている

3つ目の共通点は、仮想通貨もFXも損失を被るリスクを抱えている点です。

価格変動の激しさには差があるものの、どちらも元本が保証されているわけではないため、損失を被るリスクと隣り合わせです。

そのため、どちらを始める場合であっても、正しい知識を身に付けた上で、余剰資金の範囲内で挑戦すると良いでしょう。

仮想通貨投資に向いている人の特徴

ビットコインのイラストの画像

FXに比べ歴史が浅く、価格変動の激しい仮想通貨投資は、一体どのような人に向いているのでしょうか。

ここでは、仮想通貨に向いている人の特徴を3つ紹介します。

平日に取引が出来ない人

仮想通貨投資に向いている人の1つ目の特徴は、平日に取引ができない人です。

FXも仮想通貨も、24時間取引可能である点は共通していますが、FXは平日にしか取引ができないのに対し、仮想通貨は平日も土日も取引可能です。

そのため、平日は仕事などで忙しく時間が取れないという人は、FXよりも仮想通貨投資のほうが向いていると言えます。

あまり資金を用意できない人

あまり資金を用意できない人も、仮想通貨投資に向いています。

FXを始めるのにはまとまった資金が必要となりますが、仮想通貨投資はコインチェックを使えば500円ほどから始められるためです。500円であれば、ほとんどの人がすぐに用意することができる金額ですよね。

そのため、「多くの資金は用意できそうにないけど、何か投資を始めてみたい」と考えている人には、FXよりも仮想通貨の方が向いているでしょう。実際に、それほど多くの貯蓄がない大学生の中にも、仮想通貨投資を始める人がいるようです。

短い期間でたくさん儲けたい人

3つ目の特徴は、短い期間でたくさん儲けたい人です。長期的に利益を得るのではなく、短期間でサクッと稼ぎたいという人も多いことでしょう。

仮想通貨はFXに比べ、価格変動が激しいという特徴があります。そのため、暴落のリスクを孕んでいる一方で、短期間で大きく儲けられる可能性もあります。

以上のことから、短い期間でたくさん儲けたい人も、仮想通貨に向いている人の特徴として挙げられます。なお、チャンスがある分リスクも存在する点には要注意です。

FXに向いている人の特徴

チャートが表示されているパソコンが複数並んでいる画像

ここでは、FXに向いている人の特徴を紹介します。仮想通貨に比べ法制度が整っており、資金が保証されているFXは、どのような人に向いていると言えるのでしょうか。

仮想通貨に向いている人の特徴と見比べて、どちらが自分に合っているか検討してみてくださいね。

平日に取引できる人

FXに向いている人の1つ目の特徴は、平日に取引が出来る人です。

FXは仮想通貨とは違い、土日には取引が出来ません。これは、土日には銀行が閉まっているためです。そのため、土日にしか取引の時間が取れない忙しいサラリーマンなどは、FXの取引をするのが難しいでしょう。

逆に、平日であっても問題なく取引ができる人は、FXに向いているのです。自営業や不定休の社会人や、時間の融通が利く大学生などが該当するのではないでしょうか。

世界の政治や経済に興味がある人

世界の政治や経済に興味がある人も、FXに向いている人の特徴として挙げられます。

なぜなら、FXは世界情勢や各国の金融政策の影響を受けて価格変動するものだからです。そのため、FXで儲けるには、世界の政治や経済に関するニュースを頻繁にチェックする方が有利です。逆に、世界の政治や経済に全く興味がなく、勉強するのが苦痛だと言う人にとっては、FXで儲けるのは少し難しいとも言えます。

以上のことから、FXに向いている人の特徴として、「世界の政治や経済に興味がある人」が該当します。世界の政治経済に大きな関心がある人にとって、FXは非常に向いていると言えます。

まとまった資金が用意できる人

3つ目の特徴は、まとまった資金が用意できる人です。

500円程度から始められる仮想通貨とは異なり、FXを始めるにはある程度の資金が必要となります。具体的には、1000万円以上の資金があるのが理想ですが、最低でも100万円の資金は必要でしょう。

このように、100万円以上の資金が用意できる人がFXに向いています。用意できる資金が多いほど、分散投資をしてリスクヘッジが出来るようになるため、精神状態も安定するでしょう。

仮想通貨FXってややこしい名前だけどどんなもの?

黒い背景に赤いクエスチョンマークの画像

仮想通貨とFXの違いや共通点を説明してきましたが、実は「仮想通貨FX」というものも存在します。非常にややこしい名前であるため、仮想通貨とFXを混同してしまう要因にもなり得ます。仮想通貨とFXは違うものであるはずなのに、「仮想通貨FX」という名前を目にすると、つい混乱してしまいますよね。

そこで、混乱を防ぐためにも、仮想通貨FXについて解説します。

証拠金を担保にできる取引方法

仮想通貨FXとは、仮想通貨取引方法の1つです。事前に証拠金を預けて、預けた証拠金の10~100倍もの取引が出来る点が特徴です。これにより、保有している金額よりも大きな金額を取引できるのです。

このことから、仮想通貨FXは「せっかく投資を始めるなら、大きく儲けたい」という風に考えている人から人気があります。

ハイリスクハイリターン

前述の通り、仮想通貨FXは持っている金額より大きな額で取引が出来ます。そのため、少ない資金で大きく儲けることが可能です。しかし、振れ幅が大きくなる分、多大な損失に繋がる危険性もあります。

このように、仮想通貨FXは他の投資に比べ、ハイリスクハイリターンな取引方法であると言えます。

上昇相場でも下落相場でもチャンスがある

仮想通貨FXは、上昇相場でも下落相場でもチャンスがあります。

なぜなら、仮想通貨の現物取引とは違い、仮想通貨FXは売りから入れるためです。これにより、下落相場であっても利益を出すことが可能となっているのです。

以上のように、あらゆる場面で儲けのチャンスがある点は、仮想通貨FXならではの特徴でしょう。どのような局面であってもやり方次第で儲けられる可能性があるというのは、嬉しいことですよね。

【まとめ】仮想通貨とFXの違いや共通点を正しく理解しよう

本記事では、仮想通貨とFXの違いや共通点について解説してきました。仮想通貨投資もFXも、多くの人々に注目されている投資であり、これから新たに始めようと検討する人も多くいます。

しかし、ややこしい名前の「仮想通貨FX」の登場などもあり、仮想通貨とFXを混同してしまうケースもあるようです。本記事で紹介した通り、過疎通貨とFXにはいくつかの共通点があるものの、全くの別物です。それぞれに特徴やメリットがあるため、向いている人の特徴も異なります。

投資は資産形成に大いに役立ちますし、利益を得る過程で様々な知識を付けられる素晴らしいものです。仮想通貨やFXに関する正しい知識を身に付けた上で、ぜひあなたに合う方を始めてみてくださいね!

High&Low挑戦で50$の仮想通貨をプレゼント

新進気鋭の仮想通貨取引所「bitcastle」では最大ペイアウト率2倍のHigh&Lowが楽しめます。

もれなく50$以上のHigh&Low取引50$分の仮想通貨(BCAST)をプレゼント!

ビットジャーナルだけで行う期間限定の企画なので、登録はお早めに!!

【bitcastleの特徴】

・主要仮想通貨の取引手数料0%
・瞬間決着5秒のバイナリーオプション
・100%コールドウォレットの完全セキュリティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする