コスモス(ATOM)のステーキング方法は?仮想通貨取引所の登録も解説!

仮想通貨について勉強し始めると、低リスクで暗号資産を増やせる「ステーキング」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。ステーキングは仮想通貨取引以外の安全な投資法として人気が高まっているサービスです。

今回は将来性の高い仮想通貨であるコスモス(ATOM)を使ったステーキング方法について詳しく解説します。ステーキングをまだ知らない人も、これからステーキングを始めようと考える人もぜひ参考にしてみて下さいね。

「IOST(アイオーエスティー)」は取引スピードの速さが特徴の仮想通貨及びブロックチェーンのことを指し、DeFiへの進出や自治体・企業とのプ...
仮想通貨を学ぶ過程で「ステーキングとは何だろう」と疑問に思ったことはないでしょうか。 今回は仮想通貨用語の1つであるステーキングについて初...

仮想通貨コスモス(ATOM)の概要

コスモス(ATOM)のステーキング方法についてご説明する前に、コスモス(ATOM)の基本情報や特徴を見ていきましょう。

コスモス(ATOM)基本情報

まずコスモス(ATOM)の基本情報をご紹介します。一体どのようなプロジェクトや仮想通貨なのでしょうか。

  • シンボル:ATOM
  • 時価総額(2021年9月):約2340億円
  • 時価総額ランキング:24位
  • 発行枚数:259,572,057ATOM
  • 上場時期:2019年5月14日
  • 発行元:Tendermint Inc.

コスモス(ATOM)はTendermint社が開発したブロックチェーン技術のプロジェクトであり、そこで発行される仮想通貨をコスモス(ATOM)と呼びます。

コスモス(ATOM)は異なるブロックチェーンをつなげて相互運用するプロジェクトです。仮想通貨を代表するビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では1つのブロックチェーン上で運用されているため、時間の経過と共にデータ量が増えて処理速度や利用手数料が上がることが問題視されています。

コスモス(ATOM)ではそのようなデメリットを解消するため、異なるブロックチェーン同士をつなげ相互運用が可能です。2つ以上のブロックチェーンを使用することで、メインのブロックチェーンで不具合が生じてもシステムを止める必要はありません。また処理速度が変わらず手数料も安く済みます。

また特定の企業や団体がシステムを管理する中央集権型とは異なり、コスモス(ATOM)は分散管理型のプラットフォームです。分散して監視ができるので不正や改ざんのリスクが極めて低いというメリットなどがあります。

コスモス(ATOM)のホワイトペーパーは2016年にリリースされ、2017年にICOで人気となり約30分で18億円もの資金調達に成功しました。2019年より海外最大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)に上場し、2021年には日本の仮想通貨取引所のGMOコインにも上場を果たしています。

2020年はコロナ禍の影響を受け、価格が一時的に約122円に急落しましたが、その後1年間で約28倍の3490円を記録し、ビットコイン(BTC)の上昇率約17倍を凌ぐ勢いを見せました。現在も価格は約3750円と高値をキープしています。

コスモス(ATOM)の特徴

コスモス(ATOM)には以下の3つの特徴があります。

  • スマートコントラクトを実装
  • 簡単にブロックチェーンが作れる
  • 異なるブロックチェーンの接続が可能

順番に解説します。

①スマートコントラクトを実装

コスモス(ATOM)ではイーサミント(Ethermint)というイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを実装できるツールが利用できるのが特徴です。

スマートコントラクトとはネットワーク上における契約を、一定のルールに則り自動的に執行するシステムです。簡単に言うと自動販売機で購入者が商品を選択し代金を支払うという「設定されたルール」を執行すると、自動的に商品が払い出される仕組みと似ています。

つまりスマートコントラクトでは購入と販売が同時に行われるため、スムーズに契約を行うことができるのです。

②簡単にブロックチェーンが作れる

コスモス(ATOM)が提供する「Cosmos SDK」を利用すると、簡単にブロックチェーンを作ることが可能です。

Cosmos SDKはJavaスクリプトのような一般的なプログラミング言語を採用しているため、プログラミング初心者でも独自のブロックチェーンが構築できるのが特徴です。

また海外仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)のブロックチェーンはこのCosmos SDKで作られています。今後も様々なビジネスに採用されていくでしょう。既に現在コスモス(ATOM)を採用したサービスは248種類以上にものぼります。

③異なるブロックチェーンの接続が可能

コスモス(ATOM)は2つの異なるブロックチェーンを接続することが可能です。本来ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のブロックチェーンが接続できないように、互換性のないブロックチェーン同士をつなぐことはできません。

2021年4月にはポルカドット(Polkadot)とコスモス(ATOM)が共同でプロジェクトを行い、テストネット上で各ブロックチェーンの接続に成功しています。

このようにコスモス(ATOM)のブロックチェーン技術を使い、様々なブロックチェーンを接続させれば新しいサービスを誕生させることが可能です。

コスモス(ATOM)の購入方法

コスモス(ATOM)が購入できる仮想通貨取引所は主に以下の2ヶ所が挙げられます。

  • バイナンス(Binance)
  • GMOコイン

それぞれの仮想通貨取引所の特徴について解説します。

バイナンス(Binance)

バイナンス(Binance)はマルタ島に拠点を置く世界最大手の海外仮想通貨取引所です。

バイナンス(Binance)の最も大きな特徴は約350種類以上という取り扱い通貨数の多さです。独自通貨であるバイナンスコイン(BNB)を使った様々なサービスや、11種類の通貨のステーキングやレンディングサービスも利用できます。

またバイナンス(Binance)の手数料は0.1%と仮想通貨取引所の中で最安値ですが、バイナンスコイン(BNB)を保有すると更に手数料が安くなることが特徴です。手数料をバイナンスコイン(BNB)で払うと25%安くなるという方法もあります。

日本語にも対応しているため、初めて海外仮想通貨取引所に口座を開設する人にもおすすめです。

GMOコイン

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する国内仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数は14種類と国内仮想通貨取引所の中では多く、最短約10分で口座開設ができることが特徴です。アルトコインで手数料を抑えてレバレッジ取引をしたいなど、仮想通貨中・上級者の人にもおすすめです。

またセキュリティ対策にも定評があります。運営会社はインターネット事業に強みを持つGMOインターネットグループで、外部からのサイバー攻撃対策も厳重に施されています。

コスモス(ATOM)をステーキングする方法

コスモス(ATOM)は仮想通貨取引以外にステーキングができる特徴があります。コスモス(ATOM)は独自のブロックチェーン技術の高さからその将来性が期待されており、ステーキングに向いている仮想通貨と言えるでしょう。

今回は前述したバイナンス(Binance)でコスモス(ATOM)をステーキングする方法をご紹介します。

バイナンス(Binance)でコスモス(ATOM)をステーキングしてみよう!

それではバイナンス(Binance)でコスモス(ATOM)をステーキングする方法をご紹介します。以下の手順でステーキングが可能です。

  • 国内仮想通貨取引所で口座開設
  • バイナンス(Binance)で口座開設
  • コスモス(ATOM)を購入する
  • ステーキングする

①国内仮想通貨取引所で口座開設

現在(2021年9月)日本の仮想通貨取引所ではコスモス(ATOM)をステーキングすることはできません。従って海外の仮想通貨取引所でステーキングサービスを利用する必要があります。

しかしバイナンス(Binance)をはじめ海外の仮想通貨取引所に直接日本円を入金することができないため、一度日本の取引所にてビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのコインを購入し送金する必要があります。

バイナンス(Binance)に口座開設をする前に日本の取引所に口座を作りましょう。

②バイナンス(Binance)で口座開設

続いてバイナンス(Binance)に登録し口座を開設します。バイナンス(Binance)公式ホームページをクリックしメールアドレスのみで登録可能です。本人確認書類は不要のためスピーディーに口座開設ができます。

登録の際は「2段階認証」を行うなどセキュリティ対策を忘れずに行いましょう。

バイナンスでステーキングを行った場合の期間と年利は以下の通りです。

  • 30日:10.49%
  • 60日:13.47%
  • 90日:15.76%

またバイナンス(Binance)では

  • ロックステーキング:期間を決めて預ける
  • DeFi(フレキシブル)ステーキング:自由に暗号資産を動かせる

2種類のステーキングサービスがあり、コスモス(ATOM)はロックステーキングに対応しています。

③コスモス(ATOM)を購入する

コスモス(ATOM)を購入するために、日本の仮想通貨取引所で購入したコインをバイナンス(Binance)の口座へ送金します。GMOコインを利用すると送金手数料が無料です。

コスモス(ATOM)を購入できる仮想通貨は以下の5種類となります。

  • ビットコイン(BTC)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • バイナンスUSD(BUSD)
  • テザー(USDT)
  • ステーブルコイン(USDC)

④ステーキングする

  1. バイナンス(Binance)のステーキングページからコスモス(ATOM)を探し、右側の「今すぐステーク」というボタンをクリックします。
  2. 画面が切り替わったら「30日・60日・90日」からステーキング期間を選び、20ATOM以上からステーキングするコスモス(ATOM)の量を入力します。最後に同意にチェックし確認ボタンを押せばステーキング完了です。

【まとめ】コスモス(ATOM)はステーキングに向いている仮想通貨

画期的なブロックチェーンプロジェクトとその仮想通貨であるコスモス(ATOM)について、またコスモス(ATOM)のステーキング方法についてご理解頂けましたでしょうか。

コスモス(ATOM)は高いブロックチェーン技術が様々なビジネスに応用される将来性の高い仮想通貨のため、ステーキングなど長期保有に向いていると言えます。またステーキングは低リスクで暗号資産を増やす方法として年々人気が高まっている投資法です。

今後ステーキングを始めようと考えている人は、ぜひコスモス(ATOM)でステーキングを始めてみてはいかがでしょうか。