仮想通貨のバイナリーオプション取引とは?知っておきたい知識を噛み砕いて解説

ますます注目を集めている仮想通貨。今回紹介する内容は「仮想通貨のバイナリーオプション」についてです。仮想通貨を運用している人であれば、1度は聞いたことがあるバイナリーオプション取引。しかし、仮想通貨を最近始めた方には少し難しい言葉だと思います。

そこでこの記事では、仮想通貨のバイナリーオプションがどのようなものなのか解説するとともにメリットとデメリットについても詳しく紹介します。

「仮想通貨の用語が難しくてよくわからない」 「仮想通貨の用語の意味を知りたい」 仮想通貨の用語は聞きなれないものが多く、難しいと思う方も...
仮想通貨を学ぶ過程で「ステーキングとは何だろう」と疑問に思ったことはないでしょうか。 今回は仮想通貨用語の1つであるステーキングについて初...

そもそもバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、為替相場や株式指数などを対象にあらかじめ決められた時点や期間の騰落を予測し、ある値よりも高いか低いか、一定の範囲に収まっているかなどを予想して賭ける取引のことを言います。

バイナリーオプションを購入する際に、オプション料金を支払い、一定時間後にその時点のレートがあらかじめ決めた条件を満たすかどうかで判定がされます。見事予測が当たると一定の金額の払い戻しを受け取り、払戻額とオプション料金の差額が利益となるのです。一方で、予想が外れてしまうと払い戻しがなく、支払ったオプション料金が損失となってしまいます。

仮想通貨のバイナリーオプションも基本同じ

それでは仮想通貨におけるバイナリーオプションとはどのような取引のことを指すのでしょうか。仮想通貨では異なった性質があるのかと思いがちですが、普通のバイナリーオプション取引と同じように行います。つまり、仮想通貨も高くなるのか低くなるのかを予想して賭け取引を行うということです。

一見手軽にできそうな仮想通貨のバイナリーオプションですが、もちろん取引ですのでメリットとデメリットが存在します。この2つをしっかり理解した上で取引を行うようにしましょう。

仮想通貨を利用したバイナリーオプション取引を行うメリット

ここからは仮想通貨を利用したバイナリーオプション取引のメリットについて解説していきます。

  • 運用の方法がシンプルでわかりやすい
  • リスクがFXと比べて明確になっている
  • 値動きに左右されることなく利益が出る
  • 24時間取引を行うことできる

こちらが仮想通貨を利用したバイナリーオプション取引のメリットです。1つずつどのような内容であるかを見て見ましょう。

運用の方法がシンプルでわかりやすい

仮想通貨のバイナリーオプションのメリット1つ目は、運用の方法がシンプルでわかりやすいという点です。FX取引の場合は、通貨の値動きを細かく読みながら価格が低いときに購入し、価格が上昇した時に売却する。この行為を繰り返して利益を得ていきます。

これに対して、バイナリーオプション取引はビットコイン(BTC)の価値が一定期間の間に下がるか上がるかを予想して賭け取引を行います。当たればあらかじめ定められている計算方法で払い戻し金額が確定して利益を獲得することができます。もちろん、予想が外れれば賭けた仮想通貨が全て没収されるという仕組みです。

価格が上がるのか下がるのか。当たれば仮想通貨が増え、負ければ減る。とてもシンプルな運用方法となっているので初心者でも理解しやすいと言えるでしょう。

リスクがFXと比べて明確になっている

仮想通貨のバイナリーオプション取引では、FXなどの他の投資取引と比べてリスクが明確という点もメリットだと言えます。

例を挙げると、FXでこれから値上がりすると予想して仮想通貨を購入したとします。購入したにも関わらず、価格が下落し続ければFXでは損をすることになります。損をする金額は、市場の変化によって常に変わるため一概に「損失は、だいたいこれくらい」と予想することはできません。

しかし、バイナリーオプションで損をする場合は、予想が外れた時の損失のみ。賭けた金額がそのまま損失となるので、FXと比べて損失が底無しというわけではありません。

値動きに左右されることなく利益が出る

FXや仮想通貨などは、購入した時よりも価格が上昇した時に売却することで利益を得ることができます。購入した時よりも価格が下がっている時に売却をすると損をするので、基本的には価格が高くなった時しか利益を得ることができないということになります。

しかし、バイナリーオプション取引では値動きが上がるか下がるかの予想をし、予想が当たった時であれば利益を得ることができるのです。つまり、購入した価格よりも値段が下がっていても利益を狙えるということです。

24時間取引を行うことができる

他の市場と比べて仮想通貨の市場は基本的に土日で閉まるということがありません。仮想通貨は、国によって管理されていないので取引所などの利用はあくまで個人間の取引ということになります。そのため、365日24時間取引を行うことが可能なのです。

仮想通貨バイナリーオプションのデメリット

仮想通貨を利用したバイナリーオプション取引のデメリットは以下の通りです。

  • 中毒性が高い
  • 情報量が少ない
  • 一気に大金を稼ぐことが困難
  • 詐欺やアフィリエイト目的が多い

こちらも、1つずつどのような内容であるかを見て見ましょう。

中毒性が高い

先ほどメリットとして24時間取引を行うことができると解説しました。しかし、これは裏を返せばいつでも取引を行うことができるためギャンブル化させてしまう可能性が高いということを意味しています。

負けてしまったから、次取り返そうと思いまた取引を行う。しかし、また負けてしまう。という負のサイクルを行なってしまうトレーダーが過去には続出したこともあるようです。きちんと資金上限を決めてバイナリーオプション取引を行うことで、ハマることは回避されますので感情的にならずに冷静に取引を行うようにしましょう。

情報量が少ない

仮想通貨のバイナリーオプション取引は、為替と比べると経済指標の発表のような大々的な物が少ないため、情報は常に少ないと言われています。仮想通貨は発表がTwitterのみ、SNSでの配信のみなど規模感が小さく情報量自体にたどり着けないなんてことも考えられます。そのため、情報が少ないことは明らかなデメリットだと言えるでしょう。

一気に大金を稼ぐことが困難

バイナリーオプション取引は、一気に大金を得るのではなくコツコツと利益を積み重ねていき利益を得る方法です。メリットで「リスクが明確」と解説しましたが、逆を言えば受け取ることができる利益についてもある程度制限があるのです。勝率が低ければ低いほど結果的に損をしてしまうので、大金を一気に稼ぐことは困難でしょう。

もちろん、一発逆転を狙いたいと持っている方にも不向きな取引となっています。

詐欺やアフィリエイト目的が多い

最近多いのが詐欺やアフィリエイト目的のバイナリーオプション取引です。「絶対稼げるから」「すぐに簡単に稼げるよ」などのセールストークは、鵜呑みにしないことがとても大切です。

実際に、大学生など20代を中心に友人やSNSなどを通じて知り合った相手から「必ず儲かる」と勧められバイナリーオプション取引の投資分析ツールの入ったUSBメモリなど、高額な情報商材を購入した後に、「多額の損失が発生した「相手と連絡が取れない」などのトラブルが起きています。十分に注意しましょう。

仮想通貨取引ができるバイナリーオプション業者

バイナリーオプション取引がどのようなものなのかわかったところで、仮想通貨を取り扱っているバイナリーオプション業者をご紹介していきます。

bitCastle(ビットキャッスル)

bitCastle(ビットキャッスル)は、手数料無料、セキュリティ面の強さが特徴的な仮想通貨取引所であり、世界最速のバイナリーオプションもご用意しています。最近リリースした「HIGH&LOW」と呼ばれるサービスの中には、最大ペイアウト率2.1倍のバイナリーオプションを楽しむ仕組みが組まれています。

独自で発行している仮想通貨BCASTも話題となっており、仮想通貨取引、バイナリーオプション両方で注目を集めています。以下で少し詳しく解説します。

HIGH&LOW

「HIGH&LOW」は、価格が上がるか下がるかを予想するだけですので初心者向けです。15分から1日という期間から選択し、その間価値が上がったか下がったかを予想します。

スリリングさを感じることができるHIGH&LOW Spread

通常のHIGH&LOWとは異なり、単純に価格が上がるか下がるかだけを当てるだけでは利益にならないのがHIGH&LOW Spreadです。取引所が提示した価格を上回る、もしくは下回る必要があります。通常であれば、価格が100円の時にエントリーして上がると予想していた場合、規定の時間が過ぎた後に101円となった時点で利益になります。

しかし、HIGH&LOW Spreadの場合は、105円と提示されていたりするので、その金額を超えないと利益にはならないのです。もちろん、予想が当たった場合払い戻し金額も増えますので、普通のバイナリーオプション取引よりも大きな利益を狙いたい方にはおすすめです。

一瞬で決着するLightning

「一瞬で決着する」とは一体どれくらいのスピードだと思いますか?なんとたったの5秒。最短5秒で結果が出るバイナリーオプション取引がLightningなのです。仮想通貨のバイナリーオプションでは世界一の早さと言われており、かなりの注目を集めています。

Lightningは、時間枠による締め切りもないため好きなタイミングで取引を行うことが可能です。最大のスパンは5分間となっているので自分の好きなように選択して取引を楽しむこともできますね。すぐに結果が知りたい方にはぴったりの取引です。bitCastleは現在登録者が急増していますので、ぜひこちらよりご登録ください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは、「オーストラリア」とあるように海外業者なのですが、日本で圧倒的な人気を誇っているバイナリーオプション業者です。ハイローオーストラリアでは、2018年に仮想通貨の取引を開始しています。

仮想通貨の市場は土日関係なく24時間365日稼働しているのですが、ハイローオーストラリアでは土日の営業を行なっていません。そのため平日のみ取引を行うことが可能です。ご注意ください。

FIVE STARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)

FIVE STARS MARKETS(ファイブスターズマーケッツ)は、バヌアツ共和国に本社を置いている「Full Rich Limited」が運営を行なっている海外業者です。1993年に創業しており、バイナリーオプション取引のサービスは2014年から行なっています。そのため、信憑性の高い業者として評価されています。

FIVE STARS MARKETSは、土日の取引も可能となっていますので好きな時間に取引を行うことができます。

theoption(ザ・オプション)

theoption(ザ・オプション)は、約定力が高く、独自の分析ツールが特徴として挙げられる海外のバイナリーオプション業者です。先ほど紹介した、ハイローオーストラリアのサブの口座として利用しているからが多いです。

こちらもハイローオーストラリアと同様に平日のみ取引となっています。

BITODDS(ビットオッズ)

2019年にできたばかりの仮想通貨専門のバイナリーオプション業者であるBITODDS(ビットオッズ)。取引時間が1分と5分ですので、短期決戦を行いたい方におすすめです。払い戻しの金額についてですが、BITODDS(ビットオッズ)では取引している人気によって変動する「オッズ制」を採用しています。そのため最大10倍の払い戻しとなることもあるようです。

BITODDS(ビットオッズ)も土日に関係なく取引を行うことができます。

【まとめ】仮想通貨のバイナリーオプションは初心者でも簡単にできる取引

今回は、仮想通貨のバイナリーオプション取引について解説しました。仮想通貨だけに限らず、投資を行う上で知っておきたいのがメリットとデメリットです。「必ず儲かる」ということは絶対にありませんので、そのような詐欺には十分注意しましょう。

しかしバイナリーオプション取引は、初心者でも簡単に仕組みを理解することができます。手軽に取引を行うことができるのはバイナリーオプション取引の最大の特徴ですので、挑戦してみても良いと思います。ただし、中毒性がありますので「取引を行いすぎて損してしまった」なんてことにならないようにお気をつけください。

High&Low挑戦で50$の仮想通貨をプレゼント

新進気鋭の仮想通貨取引所「bitcastle」では最大ペイアウト率2倍のHigh&Lowが楽しめます。

もれなく50$以上のHigh&Low取引50$分の仮想通貨(BCAST)をプレゼント!

ビットジャーナルだけで行う期間限定の企画なので、登録はお早めに!!

【bitcastleの特徴】

・主要仮想通貨の取引手数料0%
・瞬間決着5秒のバイナリーオプション
・100%コールドウォレットの完全セキュリティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする