BINANCE(バイナンス)で4銘柄が上場廃止に!アルトコイン投資家は悲鳴か

この度、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で「Bytcoin(バイトコイン)」、「ChatCoin(チャットコイン)」、「Iconomi(イコノミー)」、「Triggers(トリガーズ)」の4銘柄について上場廃止をすることがわかりました。

広告

定期的なレビーにより廃止を決定

4銘柄が上場廃止となったのはユーザー保護の観点からBAINANCEが行なっている定期的なレビューによるものです。

開発活動とレベル、公的なコミュニケーションと活動レベル、定期的な注意業務の対応、健全かつ持続可能なエコシステムへの貢献、ネットワークやスマートな契約安定性などの項目から判断されているようです。

先に紹介した4銘柄は10月12日に取引停止となります。アルトコイン投資家にとっては定期的なレビュー実施は痛手になりそうです。

バイナンスの動きが多くの銘柄を取り扱う取引所の火付け役となり、上場廃止の流れが加速してしまうのでしょうか…。

High&Low挑戦で50$の仮想通貨をプレゼント

新進気鋭の仮想通貨取引所「bitcastle」では最大ペイアウト率2倍のHigh&Lowが楽しめます。

もれなく50$以上のHigh&Low取引50$分の仮想通貨(BCAST)をプレゼント!

ビットジャーナルだけで行う期間限定の企画なので、登録はお早めに!!

【bitcastleの特徴】

・主要仮想通貨の取引手数料0%
・瞬間決着5秒のバイナリーオプション
・100%コールドウォレットの完全セキュリティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする