荻原亮が推薦する投資案件「FUND(ファンド)」に迫ります!

荻原亮の投資案件「FUND(ファンド)」とは?

荻原亮は23歳という若さでWebマーケティング会社を設立し、

多くの政治家や著名人との人脈を形成し続けてきました。

現在は投資家として活動し、成功を収めていますが、

その背景には、荻原亮の情報収集力の高さが挙げられます。

投資で稼ぐには、情報こそが最強の武器といえるので、

荻原亮は誰よりもアンテナを張ることにしたのです。

そして気づけば200億円の資産を形成する投資家になっていました。

そんな荻原亮がある投資案件に興味を抱き、

多くの人たちを荻原亮と同じような億万長者にしようとしています。

そのプロジェクトこそが「FUND(ファンド)」です。

このプロジェクトに参加するためには、FUNDトークンを購入しておく必要があります。

投資をする側としては、それがちゃんと価値を持つものなのか、今後伸びるものなのかは非常に重要な点となるでしょう。

荻原亮のすすめる「FUND(ファンド)」は一体どんなものなのか?

荻原亮の人脈によって「FUND(ファンド)」は無敵の投資案件に

「FUND(ファンド)」は資金調達ビジネスと深く関係があり、

その中心となる舞台は世界有数の面積を持つ中国です。

そもそも荻原亮が出資者として盛り上げる「FUND(ファンド)」は、

なぜメイン舞台を中国に絞ることをしたのか?

それは、中国ではICOが禁じられており資金調達ができないという事情があるからです。

需要はあるのに禁止されているわけですから、

そこを代わりに請け負う強い味方がいれば必ず頼ってくるはずです。

FUNDプロジェクトを実施するFCT社は海外企業なので、

資金調達をしたい中国の大手企業を相手にいくらでも営業をかけられるのです。

しかも、荻原亮は中国とのコネクションを多数持っています。

例えば元小泉チルドレンとして知られる政治家の井脇ノブ子氏。

彼女は中国と強い絆で結ばれており、国内には銅像が立っているほどです。

そんな中国でも有名である井脇ノブ子氏がトップ企業を次々に

FUND(ファンド)プロジェクトに斡旋していくとしたらどうなるのか。

驚くほどのお金が動くことは誰もが予想できるはずです。

この資金調達が上手くいけばいくほど、中国企業から入ってくる報酬は増えます。

この報酬が入ってくるほど、FUND(ファンド)トークンの価値も上がるというわけです。

そして、荻原亮がこのFUND(ファンド)に出資している大きな理由が、

株に変えることができるという特殊なトークンだからです。

荻原亮の「FUND(ファンド)」は配当が貰える投資案件である

株に変えることができるFUND(ファンド)トークン。

では株に変えることに何の意味があるのか。

それは、株主になってしまえば大企業の経営に意見さえ言えてしまうんです。

出資している側になるわけですから当然の権利ですね。

しかも、株を持っていれば配当だってもらえますから、

コンスタントに利益を得ることができるわけです。

荻原亮が語るには、この「FUND(ファンド)」に投資すれば、

コンスタントに3倍の利益が上げられるとのこと。

(引用元:https://fund-project.com/shisan1/)

(引用元:https://fund-project.com/shisan1/)

なお、「FUND(ファンド)」の投資は30万円からとなっており、

参加ランクに応じて、配当利益も異なっているようです。

投資は必ずしも利益が出るものではありませんが、

中国の大企業を巻き込める、株に変えられるので逃げられることがない、

不労収入として配当がもらえるなど稼げるポイントは多数あります。

荻原亮が推薦する「FUND(ファンド)」に投資してみてもいいかもしれません。

High&Low挑戦で50$の仮想通貨をプレゼント

新進気鋭の仮想通貨取引所「bitcastle」では最大ペイアウト率2倍のHigh&Lowが楽しめます。

もれなく50$以上のHigh&Low取引50$分の仮想通貨(BCAST)をプレゼント!

ビットジャーナルだけで行う期間限定の企画なので、登録はお早めに!!

【bitcastleの特徴】

・主要仮想通貨の取引手数料0%
・瞬間決着5秒のバイナリーオプション
・100%コールドウォレットの完全セキュリティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする