仮想通貨ポルカドット(Polkadot/DOT)の今後は?将来性や基本情報など解説

「ポルカドット(Polkadot/DOT)はどんな仮想通貨?」「今注目の仮想通貨だけど今後や将来性は?」

2021年に価格が高騰し注目を集めている仮想通貨ポルカドット(Polkadot/DOT)に興味を持つ人は多いのではないでしょうか?

今回はポルカドット(Polkadot/DOT)の基本情報、おすすめの買い方や将来性などを徹底解説致します。

是非ポルカドット(Polkadot/DOT)の最新情報を把握して、今後の仮想通貨投資の参考にしてみてはいかがでしょうか。

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...
「暗号資産(仮想通貨)ではビットコイン(BTC)が有名だけど、どういうものかイマイチよくわからない」 「ビットコイン(BTC)が大暴落した...

ポルカドット(Polkadot/DOT)のリアルタイムチャート

 

ポルカドット(Polkadot/DOT)は相互運用性プラットフォーム

ポルカドット(Polkadot/DOT)とは2020年8月に上場した比較的新しい仮想通貨です。2021年の価格急騰により現在も世界的に注目を集めています。

正式にはポルカドットは相互運用性プラットフォームであり、その中で使われる仮想通貨をポルカドット(Polkadot/DOT)と呼んでいます。

  • 通貨名(トークン):ポルカドット
  • ブロックチェーン:ポルカドット
  • ティッカーシンボル/単位:DOT
  • 現在の価格(2021年7月):約1600円前後
  • 総発行枚数:約10億2000万枚
  • 発行上限:なし

イーサリアム(ETH)共同創業者であるギャビン・ウッド氏とスイスの財団であるWeb3財団により開発されました。現在は主にギャビン・ウッド氏がCTOを務めているパリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies)がポルカドット(Polkadot/DOT)の開発を進めています。

2020年8月に上場した新しい仮想通貨ですが、既に注目度は高く時価総額も上位をキープしています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)は将来的に複数の異なる仮想通貨ブロックチェーンを繋げることを目指すPoS(Proof of Stake)系ブロックチェーンプロジェクトです。

現在はメインとなるリレーチェーンだけでなく多様なデータの情報交換を可能にする相互運用性を、パラチェーンと呼ばれるブロックチェーンで実現しています。

またポルカドット(Polkadot/DOT)はWeb3.0世界の実現化を目指しているプロジェクトです。Web3.0とはブロックチェーンによって可能となる分散型(非中央集権型)の新しいウェブのことを指します。

これまではWeb1.0から始まり現在はWeb2.0が採用されていますが、Web2.0の問題点を解消するのがWeb3.0と言われています。

  • Web1.0:ユーザーが一方通行でホームページなどを閲覧するのみ
  • Web2.0(2021年現在):ユーザーはホームページなどを閲覧するだけでなくSNSなど相互のやりとりも可能

Web2.0の問題点は個人情報が特定の企業に把握されたり、ネットの検閲が簡単に行えたりすることです。またハッキングの被害にも遭いやすいシステムとも言えます。その結果定期的に個人情報の流出や売買、セキュリティ問題が起きるデメリットがあるのです。

Web3.0はブロックチェーンによる分散型ネットワークを採用したウェブであるため、管理者の一極集中を防ぎユーザー自身がデータ所有権を有する次世代のウェブであると言えます。

ポルカドット(Polkadot/DOT)基本情報6選

ポルカドット(Polkadot/DOT)には以下6つの特徴があります。

  • イーサリアムキラーと呼ばれる
  • マルチチェーン技術を採用
  • Web3.0の実現を目指している
  • セキュリティ性の高い「Pooled Security」
  • オープンガバナンス体制を採用
  • サブストレート(Substrate)フレームワークを採用

順番にくわしく解説していきます。

①イーサリアムキラーと呼ばれる

ポルカドット(Polkadot/DOT)は仮想通貨イーサリアム(ETH)のライバルとなる仮想通貨と言われており、「イーサリアムキラー」とも呼ばれるのです。

イーサリアムキラーとはイーサリアム(ETH)に代わる性能を備えたプラットフォームや仮想通貨のことを指します。

現在のイーサリアムキラーとされる代表的な仮想通貨はポルカドット(Polkadot/DOT)をはじめ

  • カルダノ(Cardano/ADA)
  • イオス(EOS)
  • トロン(TRON/TRX)
  • バイナンススマートチェーン(BSC)

などが挙げられますが、現在ポルカドット(Polkadot/DOT)が最大のイーサリアムキラーとされています。

②マルチチェーン技術を採用

ポルカドット(Polkadot/DOT)は独自のマルチチェーン技術を使い、異なる複数のブロックチェーンの接続のために必要なサイドチェーンを構築しています。この技術によって異なるブロックチェーン同士の接続や情報共有ができるようになります。

マルチチェーン技術はポルカドット(Polkadot/DOT)の一番の特徴であり、今後の仮想通貨市場に広く取り入れられる可能性を秘めているのです。

③Web3.0の実現を目指している

前述したようにポルカドット(Polkadot/DOT)は、Web3.0という次世代ウェブの構築を将来的な目標に掲げるプロジェクトであることも特徴です。

2021年現在のウェブはWeb2.0と呼ばれる「中央集権型」の仕組みでできています。Web2.0は特定の企業や団体が個人情報を把握できるため、セキュリティやプライバシーの面などで問題が起きやすいデメリットがあります。

Web3.0はWeb2.0の抱える問題を解消するウェブと言われており、ブロックチェーン技術を用い高いセキュリティ性能を実現するでしょう。

ポルカドット(Polkadot/DOT)のWeb3.0の開発、実用化でユーザーが個人情報やデータを自分自身で管理することができるようになり、今後のウェブ世界が大きく変わる可能性があります。

④セキュリティ性の高い「Pooled Security」

ポルカドット(Polkadot/DOT)には「Pooled Security」と呼ばれるセキュリティのプログラムがあり、各ブロックチェーンがそれを活用できるシステムとなっています。

この技術によりそれぞれのブロックチェーンでセキュリティをプログラムする必要がなくなり、全ブロックチェーンで共通のセキュリティ性を保つことが可能です。

これまでブロックチェーンは、それぞれのブロックチェーンごとにセキュリティをプログラムするのが一般的でした。そのため小さなブロックチェーンの場合セキュリティ性能の高いプログラムを内蔵することが難しく、ハッキングなどの攻撃を受けやすいデメリットもあります。

「Pooled Security」が採用されたポルカドット(Polkadot/DOT)のセキュリティ性能は大変高いと言えるでしょう。

⑤オープンガバナンス体制を採用

ポルカドット(Polkadot/DOT)ではオープンガバナンス体制を取り入れており、ユーザーも主体となれるネットワークガバナンスを目指しています。

運営サイドのみがネットワーク開発をするのではなくユーザーも協力できる仕組みを作ることでより良いネットワークの発展を目指しているのです。

ユーザーは仮想通貨ポルカドット(Polkadot/DOT)を保有するとガバナンス権が得られ、

  • ブロックチェーン追加/削除
  • 手数料の決定
  • プロトコルのアップデート

などに主体的に関わることができます。

⑥サブストレート(Substrate)フレームワークを採用

ポルカドット(Polkadot/DOT)ではサブストレート(Substrate)フレームワークと呼ばれるブロックチェーンの開発ツールを一般に向けて提供しています。

サブストレート(Substrate)フレームワークを使用することで、誰もがポルカドット(Polkadot/DOT)と関連性のあるブロックチェーンの開発に携わることができるのです。

このサブストレート(Substrate)フレームワークによってポルカドット(Polkadot/DOT)の発展の可能性は更に広がっています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)購入方法

ポルカドット(Polkadot/DOT)を購入できる国内仮想通貨取引所は2021年現在

  • GMOコイン
  • ビットフライヤー(bitFlyer)

の2ヶ所です。

海外の仮想通貨取引所では

  • バイナンス(Binance)
  • ビットフィネックス(Bitfinex)
  • クーコイン(KuCoin)

などがポルカドット(Polkadot/DOT)を取り扱っています。

既に海外の仮想通貨取引所に口座を開設していたり、取引に慣れている人以外は国内仮想通貨取引所で購入するのがおすすめです。

国内の仮想通貨取引所は海外と比べ取り扱う仮想通貨の種類は少ないですが、日本円が使えたりセキュリティ性高いというメリットがあります。

国内のおすすめ仮想通貨取引所

ポルカドット(Polkadot/DOT)が購入できる国内仮想通貨取引所のおすすめのポイントをまとめました。それぞれ特徴があるので購入の際に参加にしてみてくださいね。

①GMOコイン

  • 仮想通貨の取り扱い数:13種類
  • 最低注文数量:0.00000001 DOT
  • サービス:つみたて暗号資産・貸暗号資産・ステーキングサービス など

GMOコインの大きな特徴は仮想通貨のFX取引ができる点です。

仮想通貨投資だけでなくFX取引もしたい人に特におすすめの取引所です。

②ビットフライヤー(bitFlyer)

  • 仮想通貨の取り扱い数:12種類
  • 最低注文数量:0.00000001 DOT
  • 主なサービス:ビットコイン(BTC)をもらう/使う・Tポイント交換・ステーキングサービス など

ビットフライヤーはビットコイン(BTC)に関する様々なサービスが提供されていることも特徴であるため、ポルカドット(Polkadot/DOT)と併せてビットコイン(BTC)の投資もしたいと考える人に特におすすめします。

ポルカドット(Polkadot/DOT)の将来性

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2021年に入り価格が高騰していますが、今後も価格上昇が見込める仮想通貨と言われています。ポルカドット(Polkadot/DOT)の将来性に関わるポイントについてご紹介致します。

ステーキングサービス提供の増加

仮想通貨で利益を上げる方法は複数ありますが、中でも注目を集めているのが「ステーキング」と呼ばれる投資方法です。

ステーキングは対象となる仮想通貨を保有することで報酬(インカムゲイン)を得られるシステムで、ポルカドット(Polkadot/DOT)でもステーキングを行うことができます。例えばバイナンス(Binance)ではステーキングによって最大約18%の年利が得られるのです。

報酬で利益を上げようと考えるユーザーはポルカドット(Polkadot/DOT)を長期的に保有するため売却されにくく、価格の下降を防止すると言って良いでしょう。

つまりステーキングサービスを提供する仮想通貨取引所が増えることが将来性を左右するポイントとなります。

現在ポルカドット(Polkadot/DOT)対象としたステーキングサービスを提供する仮想通貨取引所やウォレットは以下の4つです。

  • ムーンステーク(Moonstake)
  • ビットゥルー(Bitrue)
  • バイナンス(Binance)
  • Polkadot公式サイト

現在日本国内の仮想通貨取引所ではポルカドット(Polkadot/DOT)のステーキングサービスは利用できません。

利用するには海外の仮想通貨取引所の口座に国内仮想通貨取引所から仮想通貨を送金してサービスを受ける必要があります。

今後新規の仮想通貨取引所や国内取引所でもステーキングサービスの提供がスタートすれば、ユーザーが増え更なる価格上昇につながると考えられます。

プロジェクトのリリース

ポルカドット(Polkadot/DOT)は利便性が高く、多数のプロジェクトに使用されてきました。2020年のリリースから続々とプロジェクトの発表があり、2021年現在も約300以上のプロジェクトが行われ注目を集めています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)に関連するプロジェクトのリリースと価格の動向は連動していることが多いのです。

今後も引き続きポルカドット(Polkadot/DOT)に関連するプロジェクトやニュースが発表されることが将来性や価格上昇につながるでしょう。

PolkaBTCの発行

ポルカドット(Polkadot/DOT)では2021年中の実現化を目指して、「PolkaBTC」を発行するプロジェクトが進められています。

PolkaBTCとはビットコイン(BTC)をトークン化し

  • 分散型取引所(DEX)での活用
  • ステーブルコインの発行
  • レンディングサービスでの活用

を実現することでより価値の高い仮想通貨に成長させることを狙いとしています。

仮想通貨の代表とも言えるビットコイン(BTC)と連携すれば、ポルカドット(Polkadot/DOT)が更に注目され価格上昇につながる可能性は高いでしょう。

ポルカドット(Polkadot/DOT)の動向

ポルカドット(Polkadot/DOT)は2020年8月のリリースから半年間で約20倍近く価格が上昇し話題となりました。

  • 2020年8月:約200円前後からスタートする
  • 2021年1月:世界的な注目を集め上昇、約1000円から1900円を推移
  • 2021年2月:約2000円前後を推移し、一時的に約4000円を越える
  • 2021年3月:約3000円前後と安定した値動きを見せる
  • 2021年4月:更に価格上昇し約4000円前後を推移し、一時的に約5000円を越える
  • 2021年5月:先月と同様に約4000円前後を推移し、一時的に約5000円を越える
  • 2021年6月:仮想通貨市場全体が落ち込み約2000円前後に留まる

現在2021年7月時点では約1600円前後であり、これまでのポルカドット(Polkadot/DOT)の勢いは落ちているように感じられます。

しかし再び仮想通貨市場全体の相場が上昇すれば、ポルカドット(Polkadot/DOT)も連動して再び価格上昇することが予想されます。

【まとめ】ポルカドット(Polkadot/DOT)は勢いのある仮想通貨である

ポルカドット(Polkadot/DOT)についてご理解頂けましたでしょうか。

仮想通貨市場全体の落ち込みから、現在一時的にポルカドット(Polkadot/DOT)の価格も下がっていますが将来性の高い仮想通貨であることは変わりありません。

今後ポルカドット(Polkadot/DOT)はイーサリアム(ETH)に代わるほどの価値ある仮想通貨になり得るとも言われ注目を浴びています。

ポルカドット(Polkadot/DOT)の購入を考える人にとっては、価格が落ち着いている今が買いのチャンスとも言えるでしょう。